2022.04.20

アクチュエーターとは?仕組みや種類、用途をチェック!

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

トラックだけでなく、ロボットやカメラなど自動で動く機器に使われている「アクチュエーター」。

モーターなどもその一種ですが、「アクチュエーター」とひとことで言ってもさまざまな種類があるため、詳しく知っているという人は意外と少ないのではないでしょうか。

 

そこで今回は、自動機器には欠かせない「アクチュエーター」の特徴や仕組みを解説するとともに、その種類や主な用途を紹介します。

アクチュエーター

 

 

アクチュエーターとは?その特徴や仕組みをご紹介

「アクチュエーター」とは、エネルギーを何らかの動作に変換する装置のことです。

電気、空気圧、油圧、磁力、熱などのさまざまなエネルギーを取り込み、動いたり、制御したりします。

 

トラックに使われているモーターも、アクチュエーターの1つです。

これらは電気をエネルギーとして入力し、直進移動や精密機器の稼働として出力しています。

 

アクチュエーターの仕組み

アクチュエーターは、エネルギーを変換するためのモーターと実際に動く駆動機構が組み合わさることによって働きます。

エネルギーによってモーターを回転させ、その回転を駆動機構に伝え、さまざまな運動に変換することが可能となるのです。

 

アクチュエーターには種類がある!それぞれの特徴は?

アクチュエーターにはさまざまな種類があり、利用されている機械も多岐にわたります。

それぞれどんな特徴があるのか、代表的なアクチュエーターを紹介します。

 

電気アクチュエーター

電気をエネルギー源とするアクチュエーターで、「モーター」がもっとも多く使われています。

「サーボモーター」「ステッピングモーター」「リニアモーター」など、さまざまな種類があります。

 

電気自動車や工場の機械など、さまざまな装置に使用されています。

小型化しやすく、スマートフォンや家電など小さな機械にも組み込まれています。

 

油圧アクチュエーター

油の圧力によるエネルギーをもとに動くアクチュエーターです。

代表的なものとしては「油圧シリンダー」があり、直線運動しかできないため応用力は低いですが、大きなパワーが出せるため、建設機械や大型に使用される事が多いです。

 

電磁アクチュエーター

電磁アクチュエーターは、電磁石による磁力をエネルギーとして動作します。

「ソレノイドアクチュエーター」「ボイスコイルモーター」などが代表的です。

 

内蔵されているコイルに電気を流して磁力を発生させ、コイル内の鉄芯を動かすことで作動します。

他のアクチュエーターと比べて早く細かい動作ができるのが特徴で、前後運動や回転運動に適しています。

 

ピエゾアクチュエーター

ピエゾ素子(電圧をかけると伸びたり縮んだりする)を使うアクチュエーターです。

 

パワー自体は大きくないものの、かなり精密な動きと高速稼働が可能なため、医療機器やマイクロマシン、超音波を発生させる装置などで使われます。

 

 

アクチュエーターの主な用途もチェック!

先ほども紹介したように、アクチュエーターはさまざまな機械で幅広く使用されています。

 

トラックや車で使われることも多く、ワイパーやドアミラー、ドアロック、パワーウィンドウなど、さまざまな自動車部品に使用されています。

 

今後、自動車の電気化が進むにつれてアクチュエーターの用途はますます広がっていくでしょう。

 

「グットラックshima」でも、トラックに使用できるアクチュエーターを幅広く取り揃えています。

ぜひ在庫をチェックしてみてくださいね。

 

アクチュエーター販売一覧

 

 

電子機械を動かすために必須な「アクチュエーター」

「アクチュエーター」とは、エネルギーを何らかの動作に変換する装置のことをいい、電子機器には欠かせないものです。

電気や油圧などのさまざまなエネルギーを取り込み、動いたり、回転させたりする動作として出力します。

 

トラックや自動車に使われているモーターも、アクチュエーターの1つです。

アクチュエーターにより、ワイパーやドアミラー、ドアロックなどの自動車部品を動かすことができます。

 

今後アクチュエーターは、リニアモーターカーの発展や精密機器の進化により、自動車業においてもますます活躍することでしょう。

 

アクチュエーターをはじめ、より詳細にトラックの部品購入について知りたいという方は、ぜひグットラックshimaへお気軽にお問い合わせください。

トラック中古部品

facebook

twitter

line

閉じる