2020.04.17

トラック売却の流れとは?必要書類や高額買取のコツもご紹介!

facebook

twitter

line

こんにちは!シマ商会です!

 

今まで愛用していたトラック。

個人的な都合や会社の業務変更などで、売却することになる場合もあるかと思います。

 

初めての売却は手順もわからず、戸惑うことも色々ありますよね。

また、何度目かの売却の場合、査定価格を少しでも高くしたいと考えることもあるでしょう。

 

初めての売却で失敗しないためにトラック売却の流れをつかみ、しっかりと必要書類を準備したいですね。

今回は、そのための情報と高価買取にもつながるコツを伝授します!

 

軽トラック

 

 

トラックの売却の流れとは?

 

まずは、トラック売却の流れを一通り説明しましょう。

 

① 無料査定

 

売却を決めたら、まずは査定の予約を取りましょう。

買取店によって申込み方法が異なります。

インターネット、電話、ファックスのいずれかで申込みをしましょう。

 

 

② 車両確認、査定額表示

 

車両の確認が済んだら、担当者から電話やメールで査定金額が通知されます。

手元に車検証を準備しておきましょう。

 

 

③ 商談、契約成立

 

査定金額に同意したら、商談に移りましょう。

実際に車両を見せて、査定額を確定します。

査定額に納得したら、契約成立となります。

 

 

④ 書類の準備

 

契約を交わすための書類を準備しましょう。(印鑑証明、実印、車検証の書類など)

 

 

⑤ 車両引き取り、お支払い

 

売買契約が完了したら、車両と引き換えに支払いされます。

 

 

トラック売却の流れの中で、必要になる書類とは?

 

契約書と印鑑

 

トラック売買契約成立したら、必要書類を準備しましょう。

必要書類は以下の6種類です。

 

① 自動車検査証(車検証)

 

所有者や大きさ、重量など、登録してある車の情報が記載されており、運行中は携帯する必要があります。

 

また、買取査定をするときに必要な書類です。

車両を確認してもらうときには必ず準備しておきましょう。

 

紛失してしまったときは、陸運支局で再交付できます。

 

 

② 自賠責保険証明書

 

自動車を所有する際、加入が義務づけられている保険の証明書です。

車検証と同様に、運行中は必ず携帯しなければなりません。

自賠責保険が切れている車は名義変更できないので注意しましょう。

 

また、買取査定のときにも必要な書類です。

紛失してしまったときは、加入した保険会社で再発行手続きをしましょう。

 

 

③ 譲渡証明書

 

車の車体番号や売る側、買う側のそれぞれの住所が記載されています。

車の売却や譲渡の際に必要な書類です。

実印を押下します。

 

用紙は中古車販売店などの下取り、買取先が用意しています。

 

 

④ 自動車納税証明書

 

自動車税を納めたことを証明する書類です。

名義変更や車検や売却の際に必要で、とても大切な書類です。

紛失してしまったときは、各都道府県の税事務所で再発行できます。

 

 

⑤ 印鑑登録証明書

 

実印の所有者が本人であることを証明する書類です。

トラック購入時や名義変更の際に、実印とセットで必要になります。

 

居住する市区町村で印鑑登録をおこなった実印の印鑑証明。

実印の登録が済んでいない場合は、先に済ませておきましょう。

有効期限は発効後3ヶ月です。

 

 

⑥ 委任状

 

買取店に車の名義変更などの登録手続きを委託する際、必要になる書類です。

委任状には実印の押印が必要です。

用紙は販売店が用意してくれています。

 

 

トラックを高く売却したい!高額買取を叶える方法とは?

 

 

ひらめき

 

トラック売却の流れや必要書類など、売却の際の基本についてお話してきましたが、高額買取をしてもらうためのポイントも大事ですよね!

 

高く査定してもらう方法や、買取業者の選び方についてもご紹介します。

 

高く査定してもらうポイント

 

市場に出回る数の少ないトラック。

高値はつきづらい傾向にあります。

そんな市場でも、なるべく高く査定してもらう大きなポイントは2つです。

 

① トラック専門の買取業者を利用する

 

トラックの査定は、一般車の査定と異なり、トラック専門の知識が必要です。

トラック専門の買取業者には、トラックの知識だけでなく、現在のトラック売買市場のニーズや在庫状況などの動向が、常にそろっています。

 

トラックは架装によっても価格が大きく変わるため、正しい査定には専門知識が欠かせません。

そのため、一般車の買取業者やディーラーに査定をお願いするより、トラック専門買取業者にお願いした方がいいでしょう。

トラック査定のプロ集団ですから、より現状に合った査定を受けられます。

 

また、海外に輸出ルートを持っている買取業者も多いので、過走行や不人気の車種でも買い取ってくれる場合が多いのもメリットですね。

 

 

② 複数の査定を受ける

 

査定を受ける場合には、必ず複数の買取業者にお願いしましょう。

1つの買取業者では、相場もはっきりしないトラック市場の査定額が適正なのかわかりません。

複数のトラック専門買取業者に査定してもらい、査定額を比較して選べると良いですね。

そうすることで、もっとも高値で査定してもらった業者に売ることができます。

 

 

買取業者の選び方のポイント

 

インターネットでもさまざまなトラック専門の買取業者がありますが、その中からいったいどの業者が高価買取してくれるのか…。

 

見極めるのは大変ですが、ポイントをおさえて探せば、いい業者が見つかります。

ポイントは大きく2つです。

 

① 中間マージンが発生しない業者を選ぶ

 

売却価格が安くなってしまう原因に、中間マージンの問題があります。

自社の拠点や営業所で直接販売できるなら、中間マージンなしで取引できるので、買取価格は上がります。

 

 

② 多様な販売経路を持っている業者を選ぶ

 

販売経路が多ければ多いほど、売れるトラックの種類は増えます。

国内だけでなく、海外の流通ルートを持っていれば、国内で敬遠されがちな車種も買い取ってもらえます。

なるべく販売ルートの多い買取業者を選びましょう。

 

高く査定してもらうポイントや、業者選びのポイントは他にもたくさんあります。

「トラックを高額査定してもらうポイントとは?後悔のない売却を!」で詳しく解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

 

 

トラック売却の流れや買取ポイントを把握して、高価買取を実現!

 

大切に使用してきたトラックの売却。

 

高価買取をしてもらうために、まずは流れを把握しましょう。

  1.  無料査定
  2.  車両確認、査定額表示
  3.  商談、契約成立
  4.  書類の準備
  5.  車両引き取り、お支払い

 

必要な書類は以下の6つです。

  • 自動車検査書(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 譲渡証明書
  • 自動車納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 委任状

 

トラックの売買市場は査定の適正額がわからないので、高価買取をしてもらうにはポイントがあります。

 

ポイントは「トラック専門の買取業者を利用すること」と「複数の査定を受けること」。

査定を頼む買取業者も、しっかりと選ぶ必要があります。

 

少しでも高値をつけたいと思うなら、次の2点に注意して選びましょう。

  • 中間マージンが発生しない業者を選ぶ
  • 多様な販売経路を持っている業者を選ぶ

 

以上のポイントをおさえて、少しでも高値で買い取ってもらえるようにしましょう!

 

トラックの購入や買取のご相談はシマ商会にお任せください!

豊富な品揃えと、安心・信用・満足をお客様にお届けするため、スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

 

 

トラック買取

facebook

twitter

line