2020.09.11

アームロールとは?トラックにおける役割や使用方法を詳しく!

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

トラックで作業をしていて、1台で別の機能も使用できたらいいのに…と思ったことはないでしょうか。

 

トラック業界ではよく耳にする機能の1つに、「アームロール」があります。

アームロールとは、簡単に言うとシャシーにコンテナ(荷台)を着脱させる役割でアームを装備したトラックのこと。

 

しかし、使っていないとその詳細まではなかなかわからないものです。

 

今回は便利な「アームロール」の気になる特徴や役割、操作方法を詳しくご紹介します。

 

トラックのアームロール

 

 

アームロールのマルチな役割とは

アームロールと呼ばれるトラックとは、シャシーにコンテナ(荷台)を自力で着脱できるようアームが装備されているもの。

実は新明和工業株式会社の商品名が通称となったものであり、正式名称は「脱着ボディーシステム車」といいます。

別名、極東開発株式会社製造のフックロールやヒアブ製造のマルチリフト、イワフジ工業製造のロールオンと呼ばれることも。

 

アームロールは正式名称から想像できるように、このアームを使ってさまざまな形状のコンテナ(荷台)をトラックに装着できます。

 

コンテナ(荷台)を装備して産業廃棄物や液体、砂・砂利など特殊性のあるものから、食品や商品、もちろん一般貨物も運べます。

コンテナ(荷台)を付け替えることができるという特徴があるため、さまざまなものを運べるのは大きなメリットです。

 

また、コンテナ(荷台)部分をダンプカーのように傾けることが可能なので、積荷を降ろす作業が効率よく行えます。

 

作業用途がとても広く、便利なアームロール。

配達先や回収先にコンテナ(荷台)を置いておき、中が空になったり、いっぱいになったら回収に行くといったことが可能で、何台もトラックを所有せずに済みます。

国内外のトラック市場で人気の車種です。

 

 

アームロールの基本操作とコツや注意点は?

アームロールのリモコン

 

アームロールの基本事項がわかったところで、次は操作方法をご説明します。

 

アームロールの基本操作手順

基本的にコンテナ(荷台)の載せ降ろしは、リモコンで行います。

 

操作の手順とともに説明していきましょう。

下記の①~⑦の手順は載せるための手順です。

降ろす際は、逆の手順でおこなってくださいね。

 

①ジャッキのスイッチを入れる(ジャッキのスイッチがあるもののみ)

ジャッキは、載せるコンテナ(荷台)が重たい場合に効力を発揮するものです。

重たいものを持ち上げて引き上げようとすると、車両の前部が浮いてしまいウィリーしてしまうことがあります。

 

それを防ぐためにオーバーハング下にあるジャッキを降ろし、車体を固定するのです。

 

②クラッチを切ってPTO(パワーテイクオフ)スイッチを入れ、クラッチから足を離す

PTOスイッチは、エンジンの回転を油圧に変えるためのスイッチ。

クラッチからはゆっくり足を離すのがコツです。

 

③車外から見ながらリモコンのチルトボタンで、チルトを目一杯傾ける

 

④エンジンの回転数を上げる

重たいコンテナ(荷台)を載せ降ろしするためには、大きな力が必要。

エンジンの回転数を上げることで、その力を作ることができます。

回転数の目安は1500~2000回転です。

 

⑤アームを「降ろし」の状態にし、車掌をバックさせてアームのフックをコンテナ(荷台)にひっかける

フックがきちんと金具に掛かっているかと、コンテナ(荷台)のレールがきちんと車両のローラーと噛み合っているかを確認して作業しましょう。

 

⑥スイッチの「引き上げ」を押す

 

⑦全ての作業を終えたら、ジャッキを格納する(ジャッキのスイッチのあるもののみ)

 

アームロール操作のコツと注意点

安全第一のアームロールでの作業。

 

注意すべきポイントやコツを、以下にまとめてみました。

  • 作業を行うときには、なるべく広いスペースを確保する
  • 周囲に人がいないことを確認する
  • コンテナ(荷台)のレールと車両のローラーが噛み合って、しっかり載っているか確認する
  • 車両に載せたらコンテナ(荷台)の扉のチェック、シートの固定具合などを点検をする
  • 作業を終えたら、ジャッキが格納されているか確認する

 

アームロールは操作手順だけ見ると単純なようですが、実際に操作してみると思うようにいかないことも出てきます。

 

安全に使用するには、事前の練習が不可欠です。

アームロールの操作はいきなりスムーズにできるものではないので、慣れるまでは人に誘導してもらったり、慣れているベテランからコツを教わりながら練習しましょう。

 

指差し確認しながら何度も繰り返し練習を重ねることで、作業の安全性を高めることができます。

 

 

トラックのアームロールの疑問点を解決!

お知らせする女性

 

操作方法や注意点のほかにも、気になることはありますね。

ここでは「アームロールの操作に特別免許は必要か」と「フックロールとの違い」についてお話しましょう。

 

アームロールに必要な免許とは

結論から言うと、アームロールでの作業に特別な免許は必要ありません。

トラックの重量に合わせた、大型、中型、準中型、普通のうちの、運転に必要な免許を取得しておけば大丈夫です。

アーム操作時に搭載クレーンや高所作業車のような免許や資格はいりませんが、アーム操作初心者は慣れるまで練習する必要があるので、免許を取るくらいの気持ちで行いましょう。

 

フックロールとの違いはあるの?

最初にもお話しましたが、正式名称「脱着ボディーシステム」と呼ばれるアームロールは、新明和工業株式会社の商標登録の名称です。

 

極東開発株式会社のフックロールと、機能に大きな違いはありません。

イワフジ工業のロールオンやヒアブのマルチリフトも機能的には同様の車両です。

 

紛らわしいかもしれませんが名称はメーカーによる違いであり、どれも機能的には同様ですので、好みや自分の使いやすいものを選びましょう。

 

 

アームロールとは作業用途が広く便利なトラック!

さまざまなシーンで活躍でき、トラック市場で人気の高い「アームロール」。

正式名称は「脱着ボディーシステム」です。

 

さまざまなメーカーから違う名称で販売されていますが、機能的には大きな違いはありません。

着脱できるコンテナ(荷台)のおかげで、産業廃棄物や液体、砂や砂利など特殊性のあるものから食品や一般貨物の輸送まで、幅広く活躍しています。

 

リモコン操作で複雑なことはありませんし、特別な免許もいりません。

トラック重量に適した運転免許を取得していれば、作業できます。

 

しかし、アーム操作に慣れて安全に作業できるようになるまでには、かなり練習する必要があります。

初心者の場合は広い場所で人に見てもらい、指示してもらいながら練習しましょう。

慣れている人からコツを聞きながら練習すれば、早くマスターできるかもしれません。

 

アームロール作業中は細心の注意を払い、指差し確認をしっかりと行って、安全に作業ができるようにしましょう。

 

トラック販売

facebook

twitter

line