2022.01.07

トラックの寝台を快適にする工夫&グッズを詳しくご紹介!

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

トラックの長距離ドライバーにとって、快適に過ごせるトラックの寝台スペースは非常に重要です。

 

トラックの中には寝台が設置されている車両もあります。

しかし、寝台スペースになにも工夫をしないと、寝づらかったり暑かったりと、決して快適な空間とは言えません。

 

そこで今回は、トラックの寝台を快適にする方法について解説。

おすすめのグッズなどもご紹介します!

トラックの寝台

 

 

トラックの寝台を快適に!その方法とは

運転時間が長いトラックの長距離ドライバー。

 

安全運転を叶えるためには、体を横にして仮眠や車中泊ができる寝台スペース(ベッドスペース)が欠かせません。

 

トラックの寝台スペースは、主に運転席の上部や後部に設置されています。

 

しかし、いくら休息を目的としたスペースだとしても、そこはトラックの中。

 

より快適に過ごすためには、温度や音などをいくつかの問題点を改善する必要があります。

 

詳しく見ていきましょう。

 

①日光

窓がある寝台スペースは、日中の仮眠は日光が車内に射し込みます。

窓に取り付ける遮光カーテンやアイマスクなどを用意すると、光の刺激を感じることなく快適に眠れるでしょう。

 

②温度・湿度

暑すぎたり寒すぎたりすると、快適な睡眠は叶いません。

夏は扇風機、冬は電気毛布などシガーソケットから電源をとれるアイテムを常備して、温度調節ができるように備えましょう。

 

また、季節や場所によっては、湿度の高さや乾燥に困ることも。

自動車用の空気清浄機や加湿器など、湿度を調整できるアイテムを備えておくと安心です。

 

③騒音

トラックを停車する場所にもよりますが、人の話し声やほかの車両のエンジン音など、騒音により眠れないということも。

また、たとえ静かな場所だったとしても、雨天時には雨音が気になるケースもあります。

騒音が気になる方は、耳栓を用意しておくと良いでしょう。

 

④寝心地

快適に眠れるかどうかは、寝心地や姿勢も非常に重要です。

横になれるスペースが狭かったり、床が凸凹していたりすると、なかなか寝付けないことも。

寝心地の悪さはエアーマットレスやフラットキットで改善できるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

トラックの寝台を快適にするためのアイテムもご紹介!

寝具

トラックの寝台は、ただ眠るだけではなく、体を休めるくつろぎのスペースとしても大活躍!

 

工夫次第で、トラックの中とは思えない快適な空間になりますよ。

 

おすすめのアイテムをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

布団・寝袋

寝心地をよくするには、布団は必須です。

寝台スペースが狭かったり持ち運ぶ頻度が高かったりする場合は、移動に便利な寝袋を用意するのもよいでしょう。

暑い時期には接触冷感機能がある寝具を利用するのもおすすめです。

 

高反発マット

床が硬いとなかなか寝付けないため、布団の下に高反発マットを敷くとより快適度がアップします。

折りたためるタイプのマットなら、トラックの中の限られたスペースでも収納に困りません。

 

快適に眠る上で忘れてはいけないのが枕。

アウトドア用などコンパクトなタイプもありますが、体をゆっくり休めるには低反発素材の枕など、家庭の枕と同じように快適に眠れるものを選びましょう。

 

扇風機

シガーソケットから電源がとれるタイプの扇風機があれば、トラックの中で眠る際も涼しく過ごせます。

就寝中はもちろん、運転中にも使用できます。

 

アイマスク

日中の仮眠は光が気になって眠れない…という方は、アイマスクを用意しましょう。

アイマスクは色々なタイプがあり、中には蒸気で目元をあたためるタイプもあります。

疲れた目を休めたいという方は、そのようなタイプを選ぶと良いでしょう。

 

耳栓

騒音が気になる方は、耳栓は必須です。

耳栓には薬局で購入できるようなお手頃価格のものから、人間工学に基づいて設計されたイヤホンタイプのものなど、さまざまな種類があります。

 

ルームランプ

電気がない寝台スペースには、ルームランプを取り入れることでぐっと快適な空間になりますよ。

安全なLEDタイプのものがおすすめです。

 

電気ケトル

あると便利なのが電気ケトル。

就寝前にあたたかい飲み物や軽食を食べたいときに便利です。

 

電気毛布

冬など寒い季節にエンジンを停止して就寝する際は、電気毛布があるとあたたかく眠ることができます。

シガーソケットにつなげて使えるものを選べば、電源の確保にも困りません。

 

グットラックshimaではさまざまな寝台付き(ベッド付き)トラックを販売しています。

ぜひ在庫をチェックしてくださいね!

 

 

トラックの寝台は工夫次第で快適な空間に!

運転時間が長いトラックの長距離ドライバーにとって、体を横にして仮眠できる寝台スペース(ベッドスペース)が欠かせません。

 

主に運転席の上部や後部に設置されている寝台スペースで快適に過ごすためには、日光や温度、騒音など、さまざまな問題を改善する必要があります。

 

寝台スペースは工夫次第で、トラックの中とは思えない快適な空間になりますよ。

 

布団や寝袋、高反発マットなど寝心地をアップしてくれるアイテムのほか、扇風機や電気毛布など温度調整できるアイテムなど、さまざまなグッズを取り入れて、自分だけの心地いい空間を作りましょう。

 

トラックの購入や今の車両の買取、各種手続きのご相談まで、ぜひグットラックshimaへお気軽にお問い合わせください!

豊富なラインアップをホームページから簡単に検索できますよ!

 

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる