2021.12.20

トランクルームは趣味部屋に!活用例や注意点、バリエーションを紹介

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

皆さん、趣味のグッズはどうしていますか?

「自宅に保管しているけれど、だんだんと置き場所がなくなって困っている」「家族に迷惑になるからこれ以上増やせない」など、保管の悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。

 

そんなときの選択肢の1つとして、今回はトランクルームについてご紹介しましょう。

便利そうだけど、意外と知らないトランクルームの活用法。

どんな利用方法や注意点があるのか詳しく見ていきましょう。

 

段ボール運ぶ人

 

 

トランクルームは趣味部屋にできる!活用例や注意点からチェック

読書やフィギュア、コスプレ衣装、スニーカーなど、趣味にはグッズが増えていくものが多いですね。

 

トランクルームは、レンタルスペースに増えていくグッズをしっかりと管理、収納でき、誰にも気兼ねなく楽しめる夢のような空間です。

 

部屋の片隅に趣味のコーナーを作るのではなく、趣味のものだけを飾る・収納する「趣味部屋」は、自分の趣味や世界観に没頭できる魅力的な場所になるはず!

 

日常生活の物が目に入らないので、「趣味の時間」と「趣味以外の時間」との切り替えがスムーズにできるのもメリット。

好きなものだけに囲まれて過ごす時間は、日々のストレス解消にもなりますよね。

 

実際の活用例や、トランクルームを趣味部屋にする際の注意点をご紹介します。

 

フィギュアやグッズのコレクション部屋に

フィギュアや好きなアイドルのグッズなど、集め始めるとどんどん増えるアイテム。

家族に小さい子どもがいると、汚されたり壊される心配もありますし、勝手に捨てられてしまうこともあるかもしれません。

そんな心配をせずに、しっかりと保管できるトランクルームは、趣味部屋として最適です。

温度や湿度管理ができるトランクルームなら、カビや劣化からも守ることができます。

 

コスプレの衣装&グッズ部屋に

コスプレ衣装は、服だけでなく髪飾りやアクセサリー・グッズなど、付随したものが多くあります。

それらを保管するには広いスペースと、カビなどから守る温度や空調管理が欠かせません。

 

少し広めのトランクルームなら、お気に入りのコスプレ衣装とグッズを保管でき、試着スペースも作れます。

誰にも気兼ねすることなく、コスプレを楽しむこともできますよ。

 

バイクの保管に

大型のバイクやロードバイクは、何台もあると保管に困るところです。

トランクルームがあれば、好きなバイクやロードバイクを集めて保管できます。

部品やパーツも一緒に保管し、少し広めのトランクルームにすれば、メンテナンススペースも確保することが可能です。

好きなときに自分好みのカスタマイズができる空間があれば、趣味の幅も広がりますね。

 

また、スペースの確保以外にも盗難防止になるので安心です。

 

書籍の保管に

読書好きの方は、お気に入りの作家の本や、シリーズ本を大切に保管して読み返したいと考えている方も多いですよね。

 

読んだ本をそのまま積み上げておいては、少しずつ劣化してしまいます。

かといって自宅には大きな本棚を置くスペースがない!といった場合に、トランクルームは最適です。

 

6畳もあれば、棚を置いて本を自分の好きなように配置し、コレクションすることができます。

小さなテーブルとイスがあれば、ホッと一息つける趣味の部屋が完成です。

極端な長居はできませんが、仕事が終わってリラックスしながら集中して本を読みたい時に立ち寄れるトランクルームは、ストレス解消に一役買ってくれそうです。

 

お気に入りワインセラーに

温度と湿度管理が徹底しているトランクルームなら、ワインの保管に最適です。

温度や湿度に左右されやすいワインは、自宅で保管するとなると、少量しか保管できなかったり、ワインセラーを自宅に作るといった大掛かりなことになってしまいます。

しかし、トランクルームがあれば、安価でありながら好きなワインを好きなだけ、適切な温度と湿度で管理することができます。

 

トランクルーム使用上の注意点もチェック!

いろいろな用途に使用できるトランクルームですが、いくつかの共通する注意点があります。

 

  1. 泊まらない、住まない(法律で禁止)
  2. 長時間滞在目的の使用は避ける、滞在は短時間(1~2時間程度)に
  3. 床や壁を傷つけないレイアウトを
  4. 周りに迷惑がかかることはしない

 

トランクルームは基本的に収納スペース。

水道やトイレ、コンセントのような設備は整っていないことが多いです。

基本的に、極端な長時間滞在や宿泊は禁止されています。

 

レイアウトは自由ですが、壁に穴を開けたり床が傷つくようなことは、のちのち原状回復させるために、その料金を支払わなければいけなくなります。

工夫して、部屋の原状は維持したままでできるようなレイアウトにしましょう。

 

また、趣味の音楽を堪能するために大音量で音楽を流したり、歌ったりするのは近隣や他の利用者の迷惑になる可能性があるのでやめましょう。

 

アルミコンテナ在庫一覧

 

趣味部屋に使うトランクルームの種類や別の選択肢も!

コンテナ

収納として趣味部屋として、とても便利なトランクルームには、いくつかの種類があります。

また、トランクルーム以外の趣味部屋スペースとしておすすめな場所もあるので、あわせてご紹介しますね。

 

屋内型トランクルーム

屋内型トランクルームの最大のメリットは、空調設備が充実しているところです。

ビルのワンフロアや一棟丸ごとトランクルームになっているため、湿度や温度をしっかりと管理したい人向け。

カビや高温に弱いコスプレ衣装やフィギュア、書籍、CD、ワインなどを保管するのに最適です。

 

屋外型トランクルーム

屋外型トランクルームのメリットは、屋内型に比べ、料金がリーズナブルなところです。

屋外で空調設備がないため保管環境は屋内型よりも劣りますが、湿度や温度管理が必要ないキャンプ用品、バイク&ロードバイクやカー用品、キャンプ道具、釣り道具などを保管するには最適です。

 

宅配型トランクルーム

宅配型トランクルームのメリットは、家から出ずにトランクルームに荷物を預けられるところ。

増えていく趣味のものを「保管」したいときにはおすすめです。

 

宅配業者が家に荷物を集荷しにきてくれるので、持っていく手間が省け、時間や体力の節約になります。

 

それに加えて宅配業者の倉庫で丁寧に管理されますので、荷物管理の心配はいりません。

また、荷物の大きさや重さで料金が変化するので、必要最低限の料金で利用することができます。

 

しかし、屋内型や屋外型のトランクルームと違って、預けてある荷物をすぐに取り出すことができないのがデメリットです。

宅配業者に依頼してから持ってきてもらうので、翌日以降に手元に届くことになります。

 

また、出し入れには梱包料金などの料金が発生します。

直接足を運べませんし気軽に出し入れができないので、趣味部屋には不向きですが、ある程度の期間と決めて預けるには便利なトランクルームです。

 

トランクルーム以外に趣味部屋を作るには

トランクルーム以外にも、趣味のグッズを収納し保管することができるスペースをご紹介しましょう。

 

1つ目は、賃貸の部屋です。

どのくらいの収納スペースが必要で、どんなことに使いたいかによって、間取りを決めることができます。

トランクルームと違い、長時間滞在や泊まることも可能。

趣味の時間を、好きなだけ楽しめます。

 

2つ目は、コンテナの使用です。

コンテナは保存したいものの大きさや量によって、サイズを選べます。

 

最大のメリットは、自分好みにカスタマイズできるところ。

用途によって空調設備や窓をつけたり、電気配線や断熱工事、防音加工をすることも可能です。

トランクルームよりも対応できる趣味の幅が広がりますし、周りに迷惑をかけることなく趣味を楽しむための工夫ができるので安心です。

 

グットラックshimaでは、カスタムコンテナや物置コンテナも取り扱っています。

お気軽にお問い合わせください!

 

 

トランクルームの特徴を知って充実した趣味部屋を

トランクルームは、屋内型、屋外型、宅配型の3種類があり、それぞれの特徴によって収納に適した趣味グッズが分かれます。

 

カビや汚れなどが気になる場合は、空調管理ができる屋内型がおすすめ。

フィギュア、コスプレ衣装、ワイン、書籍などの収納に適しています。

バイクやロードバイク、車が趣味の方や、キャンプや釣りが好きな方には、屋外型がおすすめ。

少し広めのトランクルームをレンタルすれば、整備スペースも確保できるので一石二鳥です。

 

宅配型は、家に居ながら荷物をトランクルームに預けられるのでとても便利ですが、取り出しに時間や費用がかかるので趣味部屋には不向きです。

 

トランクルーム以外にも賃貸部屋を借りる、コンテナを使用するといった方法があります。

賃貸部屋では長時間滞在や宿泊もできるので、思う存分趣味を楽しめます。

コンテナは、必要に応じて大きさを選べますし、自分好みにカスタマイズすることで、安心して趣味を楽しむことができるのでおすすめですよ。

 

中古コンテナの購入はグットラックshimaまで、お気軽にお問い合わせください!

 

トラック中古コンテナ

facebook

twitter

line

閉じる