2021.11.20

トラックの上物メーカー「フジタ自動車」の特徴をご紹介!

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

トラックの用途や性能を決める上で欠かせないのが、上物の種類と性能です。

トラックは決して安い買い物ではないので、特徴をよく知ってから選びたいですね。

 

トラックの車体や上物は、製造するメーカーによって特徴が異なります。

用途に合ったトラックを見つけるために、メーカーが製造している車体や上物の特徴を調べておきましょう。

 

今回はトラックの上物メーカー「フジタ自動車」が製造している上物について、詳しくご紹介します。

フジタ自動車

 

 

トラックのメーカー「フジタ自動車」の特徴をチェック!

フジタ自動車は、香川県綾歌郡綾川町に本社をおく、1950年創業の上物専門メーカーです。

 

藤田溶接として創業を開始したフジタ自動車。

その後、(有)藤田工作所、(有)藤田鉄工所と変化し、1963年にフジタ自動車工業(株)に社名変更しました。

日本各地に工場を作り、現在はダンプローダー・トレーラー、建機運搬車および一般カーゴ車などの各種トラックボディーを、1台1台オーダーメイドで製造・販売から修理までおこなっています。

 

トラックの上物は、車体メーカーが製造することもありますが、必ずしも車体に同じメーカーの上物が搭載されているとは限りません。

上物のみを専門に開発製造する上物専門メーカーもあるので、中古トラックを見る際には、上物のメーカーにも注目してみるといいでしょう。

 

今回ご紹介している「フジタ自動車」の、代表的な上物は「セルフローダー」です。

 

「スーパーローダー」「ライトスーパーローダー」という名称で製造・販売されています。

 

また、カスタマイズされたトレイ本体も製造しています。

プルポールトラクター、リアアップダウンカスタマイズトラックトレイ、ドロップドアトレイ、アルミラック本体とトレイ、圧縮ガス輸送用トレイなどです。

 

次の章では、フジタ自動車の代表的上物「セルフローダー」の特徴をご紹介します。

 

 

「フジタ自動車」が製造しているセルフローダーの特徴をご紹介!

セルフローダー

セルフローダーとは、車両や重機を運搬するための特殊車両です。

トラックのフロント部分をジャッキで持ち上げることで、荷台を傾斜させて車両を載せます。

運搬可能な車両は、フォークリフトやブルドーザーなどの公道を走行できない建設機械や、重機、車検切れの車両や事故車などの自走できない車両や新車などです。

 

さまざまな車両を載せられるように、セルフローダーは通常のトラック同様、最大積載量に応じて小型、中型、大型と3種類のサイズに分かれています。

また、「あゆみ板(道板)」という足場があるのが特徴。

セルフローダーは、トラックをジャッキで持ち上げ車体を傾けますが、荷台と地面の間に段差ができてしまいます。

その段差部分にあゆみ板を装着することで、荷台にスムーズに積み込みできるようになるのです。

 

あゆみ板には「自動あゆみ板」というのもあり、これを使用すると車両を積みおろす度にあゆみ板をつけ外しする必要がなくなるため、作業負担軽減に役立ちます。

 

フジタ自動車のセルフローダーの特徴とは

フジタ自動車のセルフローダーには、「スーパーローダー」「ライトスーパーローダー」があります。

それぞれトラックトレイを顧客のニーズに合わせてカスタマイズし、開発、製造してしています。

 

「スーパーローダー」は、ストレートスライドデッキを装備。

産業機械積載用スライドデッキで、高級トレイが地面に直接触れるようにスライドして出て、わずかな傾斜を作ります。

 

スムーズでスピーディーなロードとアンロードに、ランプが不要になるようにカスタマイズできます。

このトレイによって、さまざまなタイプの輸送または産業機械の運搬に適する上物となっています。

 

「ライトスーパーローダー」は、合理的な傾斜スライド機構を採用した軽量タイプです。

車両を傾斜させることなくデッキだけをスライド傾斜させることができます。

 

グットラックshimaでは、フジタ自動車製造の上物を搭載しているトラックも取り扱っています。是非一度ご覧ください。

 

 

セルフローダーのオーダーメイドならフジタ自動車!

1950年に藤田溶接として創業を開始して以来「必要は発明の母」の精神のもと、ユーザーのご要望に応え、ユーザーに支えられながら日々開発・製造をしている上物専門メーカー「フジタ自動車」。

 

代表的な上物「セルフローダー」をはじめとし、プルポールトラクター、リアアップダウンカスタマイズトラックトレイ、ドロップドアトレイなどを、開発、製造しています。

 

セルフローダーの「スーパーローダー」「ライトスーパーローダー」は、スムーズでスピーディーな作業が可能で、さまざまなタイプの輸送または産業機械の運搬ができます。

 

オーダーメイドでの製造も可能なので、きっと、お気に入りの1台が手に入るでしょう。

 

グットラックshimaには、フジタ自動車製造の上物を搭載しているトラックもご用意しています。

ぜひ一度ご覧ください!

 

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる