いすゞ自動車のトラックの特徴とは?独自の機能や代表車種もご紹介!

記事投稿日:2020年03月16日

記事更新日:2020年04月02日

トラック

こんにちは!シマ商会です!

 

今回は、国内シェア率No1を誇り、海外特にアジア圏でのユーザー数も多い「いすゞ自動車」についてご紹介します。

 

いすゞ自動車のトラックの特徴や代表車種などをお伝えしていきますね。

 

いすゞ自動車のトラック

 

 

トラックを販売する「いすゞ自動車 」はどんな会社?

 

1937年創業(前進の企業から換算すると1916年創業)、トラック・バスを中心とした車両の製造販売を主軸に、船舶・産業用エンジンの製造販売も手掛ける「いすゞ自動車」。

現在の正式社名は「いすゞ自動車株式会社」です。

創業当初から現在に至るまで、良質な大型ディーゼルエンジンの開発を得意としています。

 

長い歴史の中で、乗用自動車を販売していた時期もありました。

1990年代になると、乗用自動車はかつての日産自動車やトヨタ自動車の国内シェア率が高く、2002年に乗用自動車の販売を終了しています(バンのコモを除く)。

 

裏を返せば、紆余曲折の中で「自動車の製造販売はトラック・バスに特化する」と舵を切ったことで、いすゞ自動車のトラック販売数は国内シェア率No1までに駆け上りました。

ちなみに「いすゞ」は三重県を流れる「五十鈴川(いすずがわ)」に由来し、近隣の伊勢神宮ではお清めの場所としても知られる清流にあやかって名づけられました。

 

そもそも最初は社名ではなく車種名でした。

前身の「石川島自動車製作所」時代に、官民一体となり開発されたトラックが「いすゞ」で、のちにそれが社名となった、までは知られているのですが、なぜ五十鈴川にあやかったのか、という明確な資料は社内にも残っておらず、今だ謎なんだそうですよ。(いすゞ自動車ホームページより

 

 

いすゞ自動車 のトラックの特徴とは?

 

女性トラックドライバー

 

いすゞ自動車のトラックの特徴は何と言っても「良質なディーゼルエンジン」ではないでしょうか。

 

船舶や産業用エンジンの開発を行っていることからも分かるように、大きな車体を動かすエンジンの開発には長けており、積載制限に近い車両でも、グングン坂道を上ることだって可能です。

 

しかも、パワーのあるディーゼルエンジンでありながら、近年の情勢に合わせ、環境に配慮しエンジン音も静かに設計されています。

 

その他「発進」「ブレーキ」といった運転の基本となる動作でもキレがあるのが特徴で、小型トラックのエルフなら、近距離~中距離を走行するときにもドライバーの負担が軽いのが魅力です。

 

ちなみに、国内メーカーの中では比較的車体価格が抑えめなのもファンが多い理由の一つでしょう。

 

 

いすゞ のトラック代表車種、それぞれの特徴や魅力をご紹介!

 

いすゞ自動車では小型・中型・大型でそれぞれ1モデルずつ展開しています。

 

エルフ:小型

 

普段トラックに乗らない方でも、CM中で流れる「いすゞのトラック~♪」を歌える方は多いのではないでしょうか。

2020年現在、この曲がテーマとなっているエルフは「つながるトラック」と「みつめるトラック」がコンセプトになっています。

 

つながるトラックは「いすゞPREISM(プレイズム)」というサ―ビスを指します。

いすゞのカスタマーセンターと車両、ドライバーのスマホなどを連携し、車体の故障を感知したり車検や点検の日付を案内してくれ、万が一の困りごとはカスタマーセンターに相談することもできます。

ドライバーの運転情報も案内してくれるので、安全運転を心掛けられますね。

 

みつめるトラックはステレオカメラを中心とした「先進視覚サポート技術『VAT』」と「先進安全装置・機能」を指します。

 

車両前面にあるカメラを元に、歩行者や自転車等を検知。

対象物との距離、速度により警告音でお知らせし、必要に応じて緊急ブレーキで事故を最小限に抑えます。

車間距離が詰まったときの通知など、市街地を運転することの多い小型トラックならではの事故を未然に防ぐ工夫がなされています。

 

グレードはシンプルな「ST」、一部機能のみ簡素化しつつ使用感の良い「SE」、シートや内装などが快適な「SG」があり、ボディタイプは「平ボディ」「ダブルキャブ」「ダンプ」など豊富です。

 

シマ商会ではいすゞ自動車「エルフ」の中古トラックも取り扱いしています!

 

 

フォワード:中型

 

中型トラック市場の中では、抜群の低燃費・クリーンディーゼル性能を誇る「フォワード」。

ドライバーのお財布にも、環境にもやさしい一台です。

 

フォワードにも「いすゞPREISM(プレイズム)」は対応しています。

すぐに修理が必要な時だけでなく、いつもとは違う車両の状態を早めに検知・修理に出すことができるので、業務に必要なトラックを預ける時間を短く・修理代金も抑えられる可能性が高まります。

 

いすゞのフォワードはボディタイプも豊富で、オリジナルの完成車「Fカーゴ」もあります。

架装は定番でいいので納期を早めたい、業務ですぐに車両が欲しい、といった声にも対応できますね。

 

シマ商会ではいすゞ自動車「フォワード」の中古トラックも取り扱いしています!

 

 

ギガ:大型

 

いすゞのトラックが誇る「ディーゼルエンジンの実力」を一番感じられるのはギガです。

ひとたび運転すれば走り出しの加速感や、安定した走行感を得られ、特に長距離ドライバーからの人気が高いのも頷ける一台です。

 

長距離運転に向けて、エルフ・フォワードとは一味違ったシートを取り入れているのもおすすめポイントです。

その他居室スペース内の様々な収納パーツがドライバーの疲れを軽減したい、快適に過ごす空間でありたいという強い意志で開発されているのが伺えます。

 

カーゴモデルには「先進視覚サポート技術『VAT』」も搭載されており、従来モデルと比較するとより安心走行ができるようになっています。

 

「カーゴ」「トラクタ」「ダンプ・ミキサ」の3モデルを中心に、キャブやカーゴのタイプなど大型車ならではのバリエーション豊富なラインナップから組み合わせが可能です。

完成モデルの「Gカーゴ」「Gトラクタ」「ダンプ・ミキサ完成車」も選択できますよ。

 

シマ商会ではいすゞ自動車「ギガ」の中古トラックも取り扱いしています!

 

 

いすゞのトラックの特徴は「走行性」と「豊富なラインナップ」

 

いすゞ自動車のトラックは、良質なディーゼルエンジンが生み出す走行性と豊富なラインナップのバリエーションが特徴です。

 

ご自身の要望に合わせたカスタマイズがしやすいのはもちろん、完成モデル自体も豊富なので、すぐ業務で使いたい・今買い替えや増設したい、といった気持ちにも応えられるはず。

 

いすゞ自動車の中古トラック購入ならシマ商会に、ぜひご相談ください!

豊富なラインアップをホームページから簡単に検索できますよ!

 

 

販売バナー

関連記事