2020.09.03

トラックの臭いの原因は?消臭方法や故障が原因の臭いへの対策も

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

トラックに乗っていて、いやな臭いを感じたことはありませんか?

トラックの中は密閉空間のため、車内が臭いとより一層不快になってしまうのはもちろん、体調を崩してしまう場合もあります。

 

車内の臭いの原因はさまざまな原因が考えられますが、トラックの故障や不具合によって臭いが発生しているケースもありますので、その際は適切な対処を行う必要があります。

 

そこで今回はトラックの臭いについて、消臭方法やその原因と対処法などを詳しくご紹介します。

 

臭いを気にする作業服を着たビジネスウーマン

 

 

トラックの臭いの原因は生活臭と故障によるものの2つ!

 

トラック内の臭いの原因はさまざまなものが考えられますが、大きくわけて「生活臭によるもの」と「故障によるもの」があります。

 

生活臭による臭い

 

生活臭と一言で言っても幅広い原因が考えられますが、なかでも代表的なものをいくつかご紹介しますね。

 

タバコによるもの

 

車内は密閉空間のため、タバコを吸うと煙が天井や壁など車内に染み付き、悪臭の原因となります。

もちろん、タバコの吸い殻自体も悪臭を放つため、車内で喫煙した際はタバコの吸い殻をこまめに捨てるよう心がけましょう。

 

汗によるもの

 

汗をかいた状態でトラックに乗ると、どうしてもシートに汗が染み込んでしまい、菌が繁殖して臭いの原因になります。

 

食べ物によるもの

 

車内で食事をとる方も多いと思いますが、食べ物の匂いも悪臭の原因になります。

タバコと同じく天井や壁などに匂いが染み付くほか、フロアマットや座席に食べこぼしてそのまま放置してしまうと、そこから菌が発生して臭いを放ちます。

 

ペットによるもの

 

ペットをトラックに乗車する機会が多い方は、ペットが臭いの原因になっている可能性も。

どんなにペットをきれいに手入れしていても、毛や唾液などがシートやフロアカーペットに付着して臭いを発生してしまうことがあります。

 

トラックの故障による臭い

 

生活臭ではなく、トラックが故障や不具合を起こした場合も臭いが発生するケースがあります。

ラジエーター液漏れやエアコンのカビの発生など軽度なものもあれば、ガソリンタンクの損傷による悪臭という場合もあり、火災に繋がる恐れもあるため大変危険です。

 

ケース別の対処法については後ほど詳しく解説しますね。

 

 

トラックの生活臭の消臭方法は?掃除方法や必要なグッズを紹介

 

大掃除セット

 

トラック内の生活臭は、天井や壁、シートなどに臭いが染み付いてしまっています。

 

車内に染み付いた生活臭を除去する方法をご紹介しますね。

  1. 床やシートに掃除機をかける
  2. お湯につけて固絞りしたタオルで天井・壁・シートを拭く
  3. きれいなタオルに薄めた中性洗剤をつけて天井・壁・シートをさらに拭き、そのあと洗剤をお湯につけて固絞りしたタオルで再度拭く
  4. 窓を開放して車内をよく乾かす

 

トラック内を消臭するために便利なアイテムも見ていきましょう。

ぜひ、あらかじめ揃えておくことをおすすめします。

 

中性洗剤

 

カーショップなどでは車内清掃専用の洗剤も販売されていますが、ご自宅にある食器用の中性洗剤や衣類用の柔軟剤でも十分効果があります。

使用する際は水に薄めてから使用しましょう。

 

クリーナー(掃除機)

 

車内に落ちている食べカスやペットの毛などが臭いの原因にもなるため、定期的にクリーナーで細かなゴミを吸い取りましょう。

 

芳香剤

 

カーショップやスーパーなど、さまざまなお店で車用の芳香剤を扱っています。

固形タイプやエアコンに取り付けるタイプなど種類も色々ですが、どれも車内の臭いを消すために効果的なアイテムです。

ものによって香りの強さや持続性が異なります。

 

消臭スプレー

 

手軽に使える消臭スプレーは、1本持っていると掃除の時間がないときに便利です。

最近は車専用の消臭スプレーもありますよ。

布製品にも気兼ねなくスプレーできるので、車内のさまざまな場所の消臭に効果的です。

 

 

トラックの故障が原因の臭いの種類と対処法は?

 

ご紹介したとおり、トラックが故障しているときにも臭いを放つケースがあります。

臭いの種類別に特徴と対処法を知って、トラックに起きている不具合に早めに対応できるようにしましょう。

 

ガソリンの臭い

 

ガソリンの臭いがする場合は、タンクや燃料パイプが破損してガソリンが漏れ出しているす可能性があります。

この場合は引火して火災する恐れがあり非常に危険なため、至急トラックを停車して救援依頼しましょう。

 

カビの臭い

 

トラックのエアコンをつけると吹き出し口からカビのいやな臭いがする場合は、エアコンの内部にカビが発生しています。

その場合は、臭いの発症源でもあるエアコンのエバポレーターを専用薬剤で洗浄すればOKです。

 

ゴムが焼ける臭い

 

ゴムが焼ける臭いには、いくつかの原因が考えられます。

 

まずはタイヤのトラブルです。

臭いを感じたらトラックを停車し、タイヤが焼き焦げていないか確認しましょう。

 

また、エンジンルーム内のベルトがスリップして臭いを発生している場合も。

その際は至急整備工場などで点検してもらってください。

 

甘い臭い

 

ワインのような甘い臭いがする際は、冷却水などのラジエーター液が漏れている可能性があります。

そのまま放置しているとオーバーヒートしてしまうため、早急に整備工場で修理しましょう。

 

 

トラックの臭いの原因は早めに突き止めて対処しよう!

 

トラック内の臭いの原因は、大きく分けて「生活臭によるもの」と「故障によるもの」があります。

 

生活臭は主にタバコや食べ物の臭いが車内に染み付いたことが原因のため、クリーナーや中性洗剤を使って定期的に清掃することで改善できます。

 

一方故障の場合は、臭いの種類によって故障や不具合が起きている箇所が異なりますので、普段感じない臭いがしたら一度トラックを安全な場所に停車して点検しましょう。

 

トラックの購入や今の車両の買取を検討されるのなら、ぜひグットラックshimaへお気軽にお問い合わせください!

 

豊富な品揃えと安心・信用・満足をお客様にお届けするため、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

トラック販売

facebook

twitter

line