2021.10.08

トラックが雪道や砂道でスタックしたら脱出方法は?原因や予防策も確認

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

スタックとは、タイヤが空転して車両が動かせなくなる現象のことを言います。

 

乗用車の場合は雪道でスタックが発生することが多いですが、トラックの場合はさまざまな場所へ向かう機会が多いです。

そのため、路面コンディションが悪い砂道やぬかるみなど、積雪路面以外でも発生する場合があります。

 

そこで、今回はトラックが雪道や砂道でスタックした場合の脱出方法について!

原因や予防策なども、あわせてご紹介します。

雪に埋まる車

 

 

雪道や砂道でトラックがスタックする原因とは?

 

スタックとはタイヤが空転して駆動力が路面に効果的に伝わらず、車両が動かせなくなる現象です。

 

スタックに陥ると車両は前進も後退もできなくなり、立ち往生してしまいます。

 

車両がスタックする原因は、路面コンディション。

 

雪道や砂道、ぬかるみなど摩擦係数が低い路面コンディションの場合、エンジン出力が駆動輪から路面に伝わらず、駆動輪が空転して車両が駆動力を得ることができなくなります。

 

一度スタック状態になると、空転する駆動輪によって路面状況はさらに悪化。

スタックの状況も悪くなるという悪循環に陥ります。

 

こうならないためにも、スタックした際の脱出方法や、スタックしないための予防策を事前に知っておくことが大切ですよ。

 

 

雪道や砂道でトラックがスタックしたら…こう脱出する!

トラックがスタックした場合の脱出方法について、状況別にご紹介します。

※トラックはマニュアルがメインなので、今回はマニュアル車の脱出方法を例として挙げます。

 

雪道でスタックした場合

トラックが雪道でスタックした場合は、雪の状況によって脱出方法が異なります。

 

新雪の場合

新雪の場合は積雪が多いため、トラックが雪に埋もれて動けなくなることも。

 

その際は、トラックを「振り子」のように小刻みに前進・バックを繰り返し、雪を踏み固めることで脱出できます。

 

このほか、タイヤの周りの雪をスコップで取り除いたり、他の人にトラックを押してもらったりする方法もあります。

 

通常の雪道の場合

新雪ではない雪道でスタックした場合は、次の方法でセルフレスキューが可能です。

 

  • 1速で軽く進む
  • 小刻みに前進・バックを繰り返して雪を踏み固める
  • 滑り止め用の砂を撒く
  • ラダーや毛布、フロアマットなどを駆動輪の前に置く

 

砂地でスタックした場合

トラックが砂地に乗り入れることはあまりありませんが、念のため砂地でスタックした場合の脱出方法についてもご紹介します。

 

  • 素早く前進・バックを繰り返して発進する
  • タイヤの周りの砂をスコップでかき出す
  • ラダーや毛布、フロアマットなどを駆動輪の前に置く

 

砂地の場合は、スタックから脱出したらそのまま速度を保持し、路面コンディションの良い場所まで行きましょう。

 

ぬかるみでスタックした場合

沼などぬかるみでスタックした場合は、セルフレスキューは非常に困難です。

 

ぬかるみでは、駆動輪を空転するほどタイヤがさらにはまって状況が悪化するため、早めにロードサービスやレスキューを呼んで牽引してもらいましょう。

 

シーンに応じたさまざまな脱出方法をご紹介しましたが、これらの方法で脱出できない場合は、二次災害などの危険もあるため早めにロードサービスなどに連絡しましょう。

 

 

トラックの運転でスタックしないための予防策もある?

タイヤチェーン

トラックがスタックした場合はさまざまな方法で脱出可能ですが、労力や時間を費やすため、できれば避けたいですよね。

 

スタックをしないためには、予防策を講じることで回避できます!

 

  • 悪路が予想される場合は、早めにタイヤにチェーンを装着する
  • 滑り止め用の砂袋を積んでおく
  • 路面コンディションが不明な場合は、トラックを停車するなど路面状況を確認しながら走行する

 

また、万が一スタックしてしまった場合に備えて、セルフレスキューの際にあると便利な道具を、トラックに積んでおくこともおすすめです。

 

<セルフレスキューに便利な道具>

  • スコップ
  • 軍手
  • 長靴
  • タイヤチェーン
  • 滑り止め用の砂袋
  • ラダーや毛布、カーペット

 

十分な対策をとり、安心して運転できるようにしましょう!

 

 

トラックがスタックした際の脱出方法を知って安全運転を

スタックとはタイヤが空転して駆動力が路面に効果的に伝わらず、車両が動かせなくなる現象です。

 

トラックはさまざまな場所へ向かう機会が多いため、雪道だけではなく路面コンディションが悪い砂道やぬかるみなどでもスタックが発生する場合があります。

 

トラックがスタックした際は、状況に応じた対処法でセルフレスキューすることも可能です。

なかなか脱出できない場合は、二次災害などの危険もあるため、早めにロードサービスなどに連絡しましょう。

 

スタックに備えて、早めにタイヤにチェーンを装着したり、脱出に必要な道具をあらかじめ積んでおいたりと、予防策を講じることも大切です。

 

トラックの購入や今の車両の買取、各種手続きのご相談まで、ぜひグットラックshimaへお気軽にお問い合わせください!

 

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる