2021.04.16

レンジャーの燃費や維持費を詳しく!内訳や総額、節約の方法も

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

中型トラックの中でも人気の高い、日野「レンジャー」。

中・長距離ドライバーからは安定走行がしやすいと評価を博しています。

 

トラックを選ぶ際にはスペックや性能はもちろん、燃費コストや維持費など費用面も気になりますよね。

 

そこで今回は日野「レンジャー」の燃費や維持費について。

各費用の目安や総額、そして維持費の節約方法なども詳しくご紹介します。

日野のレンジャー

 

レンジャーのトラック、燃費はどのくらい?

日野のトラックの中でもトップクラスのシェアを誇る中型トラック「レンジャー」。

一般ユーザーはもちろんのこと、消防車などの特殊車両のシャーシとしても採用される一台です。

 

エンジンの種類によっても異なるので幅がありますが、重量車モード燃費値は6.00〜7.70km/L。

 

レンジャーはトルクと燃費を高次元で両立するA05Cエンジンを搭載することで、燃料の消費量削減を実現しました。

 

また、トランスミッションと組み合わせることで、平成27年度燃費基準+5%を達成!

低馬力仕様では尿素フリーを実現し、燃費性能が大幅に向上しています。

 

レンジャーのトラック、燃費を含めた年間の維持費は?

積み重ねられたコインと新芽

トラックを維持していくための費用は大きく分けて「税金」「固定費」「変動費」に分類されます。

 

【税金】

  • 自動車税
  • 自動車重量税

 

【固定費】

  • 自賠責保険料
  • 車検代
  • 任意保険(加入する保険による)
  • 駐車場代(別途用意する場合)

 

【変動費】

  • 燃料代
  • タイヤやオイルなどの消耗部品代
  • その他修理費

 

レンジャーの維持費について、各金額の目安や年間のトータル維持費などについて見ていきましょう。

 

税金

自動車を保有している人に課税される「自動車税」。

トラックの自動車税は、最大積載量や用途により税額が設定されています。

 

トラックの自動車税額につきましては、下記の表をご参考ください。

トラック(標準税率:年額) 営業用 自家用
最大積載量 1トン以下 6,500円 8,000円
1トン超~2トン以下 9,000円 11,500円
2トン超~3トン以下 12,000円 16,000円
3トン超~4トン以下 15,000円 20,500円
4トン超~5トン以下 18,500円 25,500円
5トン超~6トン以下 22,000円 30,000円
6トン超~7トン以下 25,500円 35,000円
7トン超~8トン以下 29,500円 40,500円
8トン超~ 1トン毎に
4,700円加算
1トン毎に
6,300円加算

(引用:国土交通省:自動車税 自動車税額

 

また、新規登録時と車検時にまとめて払う「自動車重量税」。

 

レンジャーは車両総重量8t以上クラスから20tクラスの車両まであり、なかでも多い8tクラスで見ると以下の金額になります(※新車新規登録等時)。

 

<8t以下>

  • 自家用(白ナンバー):1年32,800円、2年65,600円
  • 営業用(緑ナンバー):1年20,800円、2年41,600円

 

エコカー減税対象車であれば、さらに金額は大幅に下がります。

※重量によって変わるため、詳しくは国土交通省の自動車重量税額でご確認ください。

 

 

固定費

すべての運行する車両は、自賠責保険への加入が義務づけられています。

 

レンジャーは最大積載量2t超えなので以下の金額(12カ月契約)となります。

  • 自家用(白ナンバー):22,570円
  • 営業用(緑ナンバー):30,530円

※離島以外の地域の場合

 

また、トラックの車検の有効期間は普通自動車よりも短期間に設定されているので、間違えないよう注意しましょう。

レンジャーの場合は毎年行われます。

 

車検費用はどこで車検を行うかによって変わりますが、レンジャーなど中型トラックの費用相場は150,000円~です。

 

なお、任意保険の費用は加入する保険によって異なりますが、年間約350,000~400,000円ほど費用がかかります。

任意保険に加入義務はありませんが、万が一のことを考え、加入しておいた方が安心です。

 

 

変動費

まず、日々の走行で発生するのが燃料費です。

燃料費は車両の燃費と走行距離、燃料費(軽油代)で計算することが可能です。

 

レンジャーの燃費値は先ほどご紹介した通り6.00〜7.70km/Lです。

仮にガソリン代(軽油)107円/L、年間走行距離30,000㎞と仮定した場合の燃料費は【燃料費107円×走行距離30,000km÷燃費】という計算で算出され、年間の燃料費は約416,880円〜535,000円となります。

 

そして、トラックを安全に走行する上で、オイル交換やタイヤ交換といった消耗品代も発生します。

 

オイル交換やエレメントといった消耗品の交換は、1回で35,000円ほど。

 

タイヤ交換を専門店などに依頼する場合、タイヤの費用の他、タイヤの脱着・組み換え・廃タイヤ処分料などがかかることも知っておきましょう。

 

トラックのタイヤについてはこちらのコラムもご覧ください。

トラックのタイヤの寿命、判断目安は?寿命を延ばす方法も!

 

以上を踏まえると、年間維持費は100万〜130万円前後になります。

 

今回ご紹介した以外にも、トラックを維持するためには、メンテナンス費や駐車場代など細かな費用も発生しますので、維持費は余裕を持って考えておいたほうがよいでしょう。

 

 

レンジャーの維持費を少しでも節約する方法

青空に浮かぶ円マークの吹き出しバルーン

トラックの維持費は、以下のような工夫次第で節約することが可能です。

 

エコカー減税を利用する

エコカー減税とは、環境性能に優れた自動車に対する自動車税、自動車重量税が軽減される優遇措置のこと。

レンジャーではエコカー対象車もラインナップしています。

 

令和2年度(平成32年度)もエコカー減税の税率こそは変わりますが、制度は引き続き維持されることが決まっています。

 

節税できるのはもちろん、環境性能が優れた車両は修理費やガソリンなども抑えられる可能性が高まるので、エコカー対象車種を選ぶのも選択肢の一つです。

 

 

クラスダウンをする

レンジャーの車両総重量8t以上クラスから20tクラスの車両まであります。

 

重量に応じて税金も変わるため、同じレンジャーでもクラスダウンすることで節税することが可能ですよ。

 

また、税金だけではなくまた消耗部品や維持費なども変わってきますので、購入する際はそのあたりも含めてしっかり検討しましょう。

 

 

低燃費のレンジャーは燃料費がお得!維持費や節約方法も把握を

中型トラックの中でも人気の高い日野「レンジャー」の燃費値は6.00〜7.70km/L。

レンジャーはトルクと燃費を高次元で両立するA05Cエンジンを搭載することで、燃料の消費量削減を実現しました。

 

また、トランスミッションと組み合わせることで、平成27年度燃費基準+5%を達成。

低馬力仕様では尿素フリーを実現し、燃費性能が大幅に向上しています。

 

軽油代107円/L、年間走行距離30,000㎞と仮定した場合の燃料費は、年間の燃料費は約416,880円〜535,000円となり、中型トラックの中でも高い燃費性能を誇ります。

 

トラックを維持していくためには、大きく分けて「税金」「固定費」「変動費」という維持費が発生します。

車種や車検場所などによっても変わるため一概には言えませんが、トータルすると年間維持費は任意保険を含めて100万〜130万円前後といえるでしょう。

 

レンジャーは、エコカー減税の利用やクラスダウンすることで、維持費を安く抑えることも可能です。

 

グットラックshimaでも「レンジャー」の中古トラックをお取り扱いしています。

ぜひ在庫をチェックしてください!

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる