2021.07.21

レンジャーの内装は?乗り心地や運転席周りの機能もご紹介!

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

中型トラックの中でも人気の高い、日野自動車の「レンジャー」。

 

一般ユーザーはもちろん、消防車などの特殊車両のシャーシとしても採用されるトラックです。

 

軽量でありつつも馬力の強さを残したクリーンディーゼルエンジンなど、高い動力性能がありながら、広々とした空間やベッドスペースも配備するなど快適な内装も評判です。

 

そこで今回は、レンジャーの内装や乗り心地について。

インテリアや収納、装備面などを詳しくご紹介します。

 

※設定は車型により異なる場合があります。

レンジャー

 

 

レンジャーの内装は?まずはシートや乗り心地をチェック

まずは、レンジャーのシートや室内移動性といった空間の魅力や、乗り心地面について見ていきましょう。

 

空間について

シート

ファブリックまたはPVCから選べる「標準シート」は、腰や腿まわりのサポート性の高さが特徴。

安定した着座姿勢を確保するため、ドライバーの疲れを軽減します。

合皮+ファブリックの、減衰力を調整可能な「高機能シート」とPVCの「実用シート」もオプションで選ぶことが可能です。

 

室内の広さ、移動性

レンジャーは、ドライバーが自分の部屋にいるかのように快適に過ごせることを大切にしています。

 

Pro Shift車はコンソール部分の突起を最小限に抑えることで、広々とした車内を実現し、スムーズな移動が可能に。

 

ハイルーフの場合は高さを2,030mm確保し、立ち上がることができるので、着替え時なども快適です。

 

ベッドスペース

足を伸ばせる快適なベッドスペースは、長距離運転による疲労を軽減します。

※車型によりベッドスペースを備えていない場合があります。

 

オプションで、雑誌や新聞の収納に便利なクォータトリムポケットも搭載できます。(※カーゴのみ)

 

乗り心地面について

アシストグリップ・ステップ

アシストグリップを大型化して下側に伸張。

また、ステップの面積を拡大することで、女性など小柄なドライバーやシニアドライバーでも楽に乗降できます。

 

ドライバー席パッケージング

ドライビングポジションの調整幅を拡大し、大柄なドライバーから小柄なドライバーまで、さまざまな体格のドライバーが足が届きやすく窮屈に感じない設計に。

長時間運転でも疲れを軽減し、快適な運転をサポートします。

 

※設定は車型により異なる場合があります。

 

 

乗り心地抜群!レンジャーの運転席周りは快適な機能が!

レンジャー内装

レンジャーでは運転席周りに、乗り心地を向上するさまざまな機能が装備されています。

 

コンビネーションメーター

シニアドライバーにも見やすいようユニバーサルデザインを採用。

速度計とエンジン回転計を大径化&メーター内の文字を拡大し、マルチインフォメーションも7インチにサイズアップしています。

視認性を向上することで運転のストレス軽減につながります。

 

スイッチ操作パネル

運転時や停車時など、操作シーンを想定して配置されたスイッチは操作性が向上し、ドライバーのストレスや疲労軽減に貢献しています。

 

丸型レジスター

レジスターを丸型にすることで、風量や風向など風を思い通りにコントロール。

中央のノブで簡単に調整でき、室内をいつでも快適に保ちます。

 

ステアリングスイッチ

ステアリングを握った状態で、マルチインフォメーションやクルーズ、ハンズフリー通話、オーディオ操作など各種操作ができます。

 

空調コントロールスイッチ

空調コントロールスイッチにはダイヤル式のコントロールパネルを採用し、運転中でも直感的な操作が可能に。

また、フルオートエアコンはスイッチを集約することで、運転時の安全性確保に貢献します。

 

Pro Shift

ダイヤルを回すだけのレンジ切替や、SLOWモードなど各種切替、ギヤのアップ・ダウン操作などを手元で操作できます。

狭い範囲で操作ができるため、運転時の疲労と負担軽減につながります。

 

各種ソケット

オプションとして充電専用USBソケットを設定。

スマートフォンの充電や音楽再生を気軽に行うことができ、快適な運転を実現します。

 

LED室内灯

室内灯には夜間の書類作成なども快適に行えるLEDを採用。

フロア全体が均一に明るくなるため、一層広く感じます。

 

※設定は車型により異なる場合があります。

 

 

レンジャーの乗り心地をさらに詳しく!

レンジャーは内装面はもちろん、快適な走行性にかかせない安全面も充実しています。

 

距離認識に強いミリ波レーダーと形状認識に強い画像センサーのWチェックで、衝突事故のリスクを低減できます。

 

さらに、停止車両や歩行者まで検知し、衝突回避を支援する「PCS(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ)」や、走行車線からトラックがはみ出すと警報でドライバーに注意を喚起する「車線逸脱警報」など、充実の安全装備を搭載。

 

これら装備がドライバーに安心感を与え、乗り心地をさらに向上しています。

 

※設定は車型により異なる場合があります。

 

レンジャー販売車両

 

 

上質で快適な内装のレンジャーは乗り心地も抜群

軽量でありつつも馬力の強さを残した、クリーンディーゼルエンジンなど高い動力性能を持つ日野「レンジャー」。

 

シートや室内移動性などの空間はもちろん、キャブサスペンションやアシストグリップ・ステップなど乗り心地面も考え抜かれた設計で、快適な走行を実現します。

 

また、コンビネーションメーターやスイッチ操作パネルといった、乗り心地を向上するさまざまな機能を運転席周りに備え、さらに充実の安全装備が安心感を与えてくれます。

 

新車と中古車では内装が異なるため、まずは試乗するなど、実際にトラックを見てみることをおすすめします。

 

グットラックshimaでも「レンジャー」の中古トラックをお取り扱いしています。

ぜひ在庫をチェックしてください!

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる