2021.08.03

ダイナの内装はここがこだわり!乗り心地の魅力もご紹介

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです。

 

日本の自動車シェア率の高いトヨタ。

そのトヨタ自動車から販売されている小型トラックが「ダイナ」です。

 

小回りがきいて運転しやすさが魅力のダイナですが、内装に特徴はあるのでしょうか。

その乗り心地はどのようなものでしょうか。

 

今回は種類も豊富な「ダイナ」の各種類の内装や機能を詳しく見ていき、それぞれのオプションもご紹介します。

 

※設定は車型により異なる場合があります。

ダイナ

 

 

ダイナの内装は?まずは全体のインテリアをご紹介

トヨタのダイナシリーズには、ダイナカーゴ1.0ton・2.0ton、ダイナダンプの3種類があります。

 

それぞれのインテリアを詳しく見ていきましょう。

 

ダイナカーゴ(1.0ton・2.0ton)

過酷な使用環境でも機動力を発揮する頑強なシャシーを持ち、さまざまな現場の声に応える性能・機能・使いやすさが満載のカーゴ。

そのインテリアは標準とパッケージオプションに分かれています。

 

1.0tonのシングルキャブはトラックの居住性を決める上で重要なシートは、トリコットを採用。

注文時にメーカーオプションのビニールレザーを指定することもできます。

 

内装のフロアカーペットは汚れても拭き取りやすいビニールレザーを採用。

助手席アシストグリップ、前席のルームランプは標準装備です。

 

2.0tonはゆとりある乗降面と足元スペースで乗り降りしやすく、開放感とゆとりのある室内が魅力。

低く広がりのあるインストルメントパネルで、視認性にも優れています。

シートはビニールレザーが標準装備です。

 

手元スイッチ付き室内LED灯は1.0ton・2.0tonは注文時に装備可能なのメーカーオプションになっています(2.0tonはシングルキャブのみ)。

 

1.0tonのパッケージオプションはコストパフォーマンス重視で実用仕様の「Eパッケージ」と、キャビン内の充実装備が光る「Gパッケージ」の2種類あります。

「Eパッケージ」は、標準装備(シングルキャブ)とほぼ同様の仕様ですが、助手席アシストグリップが付いていません。

2.0tonではアシストグリップは運転席・助手席ともに標準装備ですが、オプションで助手席にもう一つ追加することも可能です。

1.0tonの「Gパッケージ」は、標準装備(シングルキャブ)の装備を基本として、シート表皮が高級感あるプリントトリコットに、フロアカーペットがカットパイルにグレードアップされています。

2.0tonも上級装備の「Gパッケージ」と充実装備の「Sパッケージ」の2つがあり、フロア張りの標準はビニールレザーですが「Gパッケージ」のみカーペット。

シート表皮は「Gパッケージ」プリントトリコット、「Sパッケージ」はトリコットです。

 

※設定は車型により異なる場合があります。

 

ダイナダンプ

ダイナダンプは安心・安全で乗る方最優先の性能と、働きやすい運転環境を兼ね備えたシリーズです。

コストパフォーマンスのいい標準装備、上級装備の「Gパッケージ」、充実装備の「Sパッケージ」の3種類があります。

 

ダイナダンプの標準装備からご紹介します。

シート表皮とフロア張りは汚れを拭き取りやすいビニールレザー。

運転席・助手席サンバイザーとルームランプ、運転席・助手席各1個付いているアシストグリップは標準装備されています。

アシストグリップを助手席2個にする場合は、注文時にメーカオプションとして注文可能です。

 

次にパッケージオプションについてです。

「Sパッケージ」は、内装やシートの内容は標準装備とほぼ同様の仕様です。

それに加え、注文時オプションで室内LED灯(手元スイッチ付)を装備することができます。

「Gパッケージ」は、シート表皮がプリントトリコット、フロア貼りはカーペットと、高級感のある素材を採用。
バックパネルトリム、フルクォータートリム、室内LED灯(手元スイッチ付)、シルバー塗装インパネセンタークラスター、シートバックサスペンション付運転席シート、ランバーサポート(運転席)の全てが標準装備されている、贅沢な内装&シートです。

 

※設定は車型により異なる場合があります。

 

※シートや内装は以上の通りですが、各車種やオプションにより異なる場合がありますので、ご購入の際はカタログなどで確認してください。

 

 

乗り心地抜群!ダイナの運転席周りは快適な機能や収納がたくさん

ダイナ内装

ダイナは運転者のことを一番に考えた、充実の収納と機能を備えています。ここでは、車種ごとの収納や機能を見ていきましょう。

 

ダイナカーゴ(1.0ton・2.0ton)

ダイナカーゴの運転席周りには、使い勝手のいいたくさんの収納や機能があります。

 

標準装備の収納は、以下の10ヶ所の収納機能が付いています。

  • フロント中央席のシートバックコンソール(シートバックトレイ)
  • 助手席オープントレイ
  • センターオープントレイ
  • 運転席背面のシートバックポケット
  • 運転席&助手席のボトルホルダー
  • 運転席&助手席のドアポケット
  • フック2個、アッパーボックス
  • コートフック2個(シングルキャブのみ)
  • 運転席&助手席ドアの灰皿(2.0tonではオプション)

しかし、1.0tonの「Eパッケージ」はフロント中央席のシートバックコンソール(シートバックトレイ)が付いていません。

一方「Gパッケージ」では標準装備になっており、さらにシートバックコンソール+ランバーサポート(運転席)も装備されています。

2.0tonはダブルキャブで標準装備で、シングルキャブではオプションです。

 

機能面では、1.0ton・2.0ton共に、どこの座席に座っても快適な空調システム、オーディオ、盗難防止システムが備わっています。

コンビネーションメーターは1.0tonが夜間でも視認しやすいLEDの集中液晶ディスプレイ付を装備し、2.0tonでは4.2インチのカラー液晶マルチインフォメーションディスプレイを装備し、さまざまな情報をドライバーに提供してくれます。

 

考え抜かれた装備群で、毎日の仕事を力強くバックアップしてくれるので、仕事の効率が上がりそうです。

 

※設定は車型により異なる場合があります。

 

ダイナダンプ

ダイナダンプの運転席周りには、全ての標準キャブに充実の収納が備えられています。

以下の6ヶ所の収納機能が標準装備されています。

  • フロントドアポケット
  • 運転席シートバックポケット
  • アッパーボックス
  • 助手席オープントレイ&センターオープントレイ
  • フック2個
  • 運転席&助手席ボトルホルダー

運転席&助手席ドアの灰皿は、注文時にメーカーオプションとして付けることができます。

 

また、4.2インチのカラー液晶マルチインフォメーションディスプレイ、オーディオのAM/FM+2スピーカーが標準装備です。

スピーカーはBluetooth対応でハンズフリーも可能、USB+AUX端子付きなので、走行中や休憩中のリラックスにも一役買ってくれそうです。

デジタル時計&タイマー・アラーム機能も内蔵されているので、時間管理もバッチリです。

CDやラジオレスを付けたい場合は、注文時のメーカーオプションとなります。

 

※設定は車型により異なる場合があります。

 

 

ダイナは走行性や安全面もばっちりで安心の乗り心地

快適な乗り心地、機能的な収納も大切ですが、一番気になるのは安全性や走行性ではないでしょうか。

ここでは、大切な命を守るための安全性やスムーズに仕事をするための走行性について見ていきましょう。

 

ダイナカーゴ(1.0ton・2.0ton)

ダイナカーゴには、架装性の高い頑丈なシャシーが採用されています。

さまざまな種類の架装に適応できるよう、フレーム上面をフラットにし、

「架装にとって重要な寸法=キャブバックからリヤアクスル間の寸法」

を十分に確保した造りになっています。

 

ディスクブレーキを1.0tonは前輪に・2.0tonでは総輪(4WDは除く)で採用。

放熱効果の高いベンチレーテッド式のため、耐フェード性に優れ、常に安定した制動性を発揮します。

サスペンションは1.0tonはダブルウィッシュボーン式、2.0tonはコイル式の独立懸架サスペンションを採用し、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を実現しています。

また、滑りやすい路面や悪路も安定した走行ができるようにフルタイム4WDシステムを搭載し、走破性を向上させています。

 

その他にも、ABSや運転席にSRSエアバック+プリテンショナーを搭載し、万一に備えています。

注文時のメーカーオプションで助手席のプリテンショナー機構付フロントシートベルトも搭載することができます。

安全性を自分の使用状況に応じてカスタマイズできるのが魅力的ですね。

安全性に加え、4WDシステムの高い走破性で乗り心地は向上しています。

 

※設定は車型により異なる場合があります。

 

ダイナダンプ

ダイナダンプには、以下の6種類の安全機能が標準装備されているため、安全性は格段に向上しています。

  • プリクラッシュセーフティー(昼夜歩行者・自転車運転者(昼)検知機能付き)
  • レーンディパーチャーアラート
  • 前進誤発進抑制機能
  • TRC低速衝突被害軽減機能
  • クリアランスソナー
  • EBD(電子制動力配分抑制)機能付ABS
  • VSC(車両安定制御システム)(トラクションコントロール(TRC)付)
  • 電動パーキングブレーキ

 

注文時のメーカーオプションで手動パーキングブレーキ、助手席のSRSエアバック、助手席のプリテンショナー機構付シートベルトを付けることも可能です。

安全性も使用状態によってカスタマイズできます。

 

操作性を左右する、以下の6つの機能も標準搭載です。

  • ステアリングスイッチ(マルチインフォメーションディスプレイ、Bluetoothでハンズフリー対応)
  • チルト&テレスコピックステアリング
  • 間欠ワイパー
  • 可倒式シフトレバー
  • パワーウィンドウ&パワーロック
  • ダンプレバー

 

注文時のメーカーオプションでスマートエントリー&スタートシステムを付けることができます。

高い安全性と操作性を兼ね備えたダイナダンプは、快適な乗り心地を実現しています。

 

※設定は車型により異なる場合があります。

 

ダイナ販売車両

 

 

充実の内装と機能、多彩なオプションで好みの1台が選べるダイナ

ダイナには大きく分けてダイナカーゴ、ダイナダンプ、タウンエーストラックの3シリーズがあります。

 

それぞれ、シート表皮の素材や内装が選べ、パッケージやオプションによって、使用用途や購入希望価格に合わせたカスタマイズが可能な、マルチに活躍する車種です。

 

また、安全性能や操作性、走破性に優れ、リーズナブルなパッケージであっても、運転者や周りの安全を損なうことのないしっかりとした装備を備えています。

それと同時に、運転中の疲労軽減に配慮し、高い乗り心地も叶えます。

 

ぜひトヨタ自動車のダイナシリーズで、自分好みの1台を選んでみませんか。

 

グットラックshimaでも「ダイナ」の中古トラックをお取り扱いしています。

ぜひ在庫をチェックしてください!

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる