2022.03.04

トラックのアルミブロックとは?特徴・用途・種類を解説

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

重量が軽く、最大積載重量をより多く確保できるアルミブロックは、貨物運送に役立つトラックです。

一度に大量の資材を運べるため、建設資材から工業製品、原材料、飼料など幅広く活用できます。

 

今回は、そんなアルミブロックについて、特徴や用途、代表的なメーカーについて紹介します。

トラック前側

 

 

トラックの「アルミブロック」とは?

アルミブロックは、平ボディ形状のアオリ部分がアルミでできているものです。

 

標準的なスチール製のアオリと比較すると重量が軽いため、最大積載重量をより多く確保できるのが特徴です。

また、軽くて扱いやすいため作業効率の向上にもつながります。

 

外観は光沢があり美しく、リサイクルしやすいのもポイントです。

スチールと違って腐食しないので、さびが出て汚くなることもありません。

 

開くと荷台がフラットになるので、荷物の積み降ろし作業等が容易に行えます。

アルミ製のレールを何枚か積み重ねる構造になっているため、高さを自由に調整可能です。

 

これまでは複数のアルミ材を積み重ね、ボルトで固定するタイプが主流でしたが、最近はアルミ材をはめ合わすスプリング嵌合式(かんごうしき)が主流になり、今まで以上の強度の高さと薄さになっています。

 

 

トラックのアルミブロックの用途や種類も確認!

アルミブロックは建設資材から工業製品、原材料、飼料など、幅広い分野で活用することができます。

 

ハイブロックの装着、あおり取り外しなど、煽高を自由に調整し使えるため、用途も非常に幅広いです。

 

ただし、アルミが傷つきやすい土砂などの運搬には注意が必要です。

 

アルミブロックの中には、あおりをより高くし、より積載量を増やした「アルミハイブロック」、セイコーラックが付属された「セイコーラック付きアルミブロック」などの種類があります。

 

セイコーラックは、スプリング付きのヒンジになっているパーツで、あおりを持ち上げるのを補助してくれる役割があります。

 

 

トラックのアルミブロックの代表的な上物メーカーは?

アルミボディートラック

トラックは「車体(シャーシ)」と呼ばれる部分と「上物(ボディ)」の2つに分けられ、上物は必ずしもトラックメーカーが製造している訳ではありません。

 

もちろん、トラックメーカーが製造しているものもありますが、車体をトラックメーカーが製造したうえで、上物は専門業者が製造する場合もあります。

 

アルミブロックを製作している上物の代表的なメーカーは「小平産業」と「トランテックス」です。

 

小平産業は1938年創業で、栃木県に本社をかまえる会社。

アルミブロックにはさまざまなオプションバリエーションがあり、お客様のご要望に対し、セミカスタムメイドで製品を制作するのが特徴です。

中型平ボディーと大型平ボディーをメインでラインナップしています。

 

小平産業のトラックの特徴は「トラックの上物メーカー「小平産業」の特徴とは?」もぜひご覧ください。

 

トランテックスは1908年に石川県で創業された老舗メーカーです。

小型アルミブロック、中型アルミブロック、大型アルミブロックの3種類がラインナップされており、長年の経験から生まれた安全面や軽量化の工夫が特徴です。

 

トランテックスのトラックの特徴は「トラックの上物メーカー「トランテックス」の特徴とは?」もぜひご覧ください。

 

グットラックshimaではアルミブロックの中古トラックも豊富に取り揃えているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

トラックのアルミブロックは最大積載重量が増えて効率的!

トラックのアルミブロックは、アオリ部分がアルミ素材で、一度に大量の貨物を運ぶことができる効率的なアオリです。

防錆性にも優れているため、長く使うことができます。

 

建設資材から工業製品、原材料、飼料など幅広い分野で活用可能ではありますが、土砂など傷つきやすいものは向いていません。

 

アルミブロックを検討中であれば、代表的な上物メーカーの「小平産業」「トランテックス」のアルミブロックもチェックしてみてくださいね。

 

トラックの購入や今の車両の買取、各種手続きのご相談まで、ぜひグットラックshimaへお気軽にお問い合わせください!

豊富なラインアップをホームページから簡単に検索できますよ!

 

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる