2022.03.02

三菱ふそうのデュオニック(DUONIC)とは?機能やメリットを紹介

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

三菱ふそうが、世界で初めてトラックに搭載したデュアルクラッチ式トランスミッション「デュオニック(DUONIC)」。(小型のみ)

 

トラックの走行性能に大きく影響するトランスミッションですが、「デュオニック(DUONIC)」は自動変速パターンを変更するECOモードを搭載するなど、燃費効率の高い走行が人気を博しています。

 

そこで今回は、三菱ふそうの「デュオニック(DUONIC)」について。

その特徴や機能、メリットなどもあわせてご紹介します。

三菱コンテナトラック

 

 

三菱ふそうトラックの「デュオニック(DUONIC)」とは?

トラックはトランスミッションが走行性能に大きな影響を与えます。

 

トランスミッションは大きく分けて、ギアチェンジを手動で行うMT(マニュアルトランスミッション)とギアチェンジを自動で行うAT(オートマチックトランスミッション)の2種類があります。

 

近年のトラックで増加しているのが、クラッチ操作を自動化し任意にギア段を選択できるセミAT(セミオートマチックトランスミッション)です。

 

クラッチ操作が不要で自動変速が可能なほか、オートマチック車限定免許でも運転可能という特徴があります。

 

トラックのトランスミッションについて、詳しくは「トラックのトランスミッションの種類とは?それぞれの特徴を解説!」でもご紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

トラックメーカーによって独自の開発を進めているトランスミッションですが、その中でも注目を浴びているのが三菱ふそうの「デュオニック(DUONIC)」。

 

三菱ふそうの「デュオニック(DUONIC)」は、2010年に世界で初めてトラックに搭載したDCT(デュアルクラッチトランスミッション)。
デュラルクラッチトランスミッションとは、マニュアルトランスミッションの構造に、クラッチ操作とシフト操作を自動化した、なめらかな加速と減速が可能なトランスミッションのことです。

 

現在、三菱ふそうの小型トラック「キャンター」に搭載している最新のデュアルクラッチ式AMT「DUONIC2.0」は、2つのクラッチを瞬時に切り替えることで動力伝達効率を最大限に高めます。

 

また、優れた燃費性能と、2ペダルによる運転時の負担軽減を叶えるほか、オートマチック限定免許での運転も可能という点も魅力です。

 

デュアルクラッチトランスミッションについては「デュアルクラッチトランスミッション(DCT)とは?特徴を詳しく!」もご参考くださいね。

 

※デュオニック(DUONIC)は小型のみ

 

 

デュオニックが搭載された三菱ふそうトラックのメリットは?

赤ペンでメリット

三菱ふそうの「デュオニック(DUONIC)」には、さまざまなメリットがあります。

 

メリット①変速ショックが小さい

「デュオニック(DUONIC)」は、MTの構造に近いデュラルクラッチトランスミッションのため、素早い変速が可能です。

 

素早い変速は変速時のショックも小さいため、運転手への負担軽減にもつながります。

 

メリット②燃費効率が良い

自動変速できるECOモードを標準装備しており、燃費効率が高い走行ができます。

 

また、オプションでアイドリングストップ&スタート機構(JSS)を搭載すると、トラックが停止中は自動でエンジンも停止するため、さらなる低燃費走行が実現しますよ。

 

メリット③AT限定免許でも運転できる

自動変速可能なため、AT限定免許でも運転でき、ドライバー不足もカバーします。

 

※デュオニック(DUONIC)は小型のみ

 

 

三菱ふそうのトラックもチェック!

三菱平ボディトラック

抜群の駆動力を持つエンジンや快適な居室空間など、多くのドライバーから支持されている三菱ふそうのトラック。

三菱ふそうのトラックの代表車種「キャンター」「ファイター」「スーパーグレート」について見ていきましょう。

 

※新型のスペックをご紹介します。設定は車型によって異なりますのでご注意ください。

 

キャンター

小型モデルでありながら、低速度でも豊かなトルクを発生させることができる力強い走りを叶えたキャンター。

 

デュアルクラッチ式AMT「DUONIC2.0」を採用し、優れた燃費性能と2ペダルのイージードライブを実現しました。

 

また、小型トラックとして国内初となる「アクティブ・サイドガード・アシスト」の標準装備をはじめ、「衝突被害軽減ブレーキ」や「車両安定性制御装置」、「車両逸脱警報装置」など、高い安全性能も魅力です。

 

ファイター

クレーン車やダンプカーなど、建築会社などで利用されることが多い中型トラック。

 

エンジンは、高積載と低燃費を追求した4気筒エンジンと、余裕あふれるハイパワーを実現した6気筒エンジンの2タイプから選択できます。

 

また、燃費性能の面ではエンジンの高効率燃焼が行える、最先端レべルの環境技術「BlueTecテクノロジー」が、クリーン性能と低燃費の両立を支えます。

 

スーパーグレート

エンジンの性能を最大限に発揮できる2ステージターボを採用している大型トラック。

ストレスを感じない力強い走破性が魅力です。

 

6R20(総排気量10.7L)と6S10(総排気量7.7L)の2種類のエンジンから選ぶことができ、どちらも低燃費とパワフルな走り、そしてスムーズな加速を実現します。

 

グットラックshimaでは「デュオニック(DUONIC)」搭載トラックもお取り扱いしています。

ぜひ在庫をチェックしてみてくださいね!

 

 

三菱ふそうのデュオニック(DUONIC)で快適な走行を

「デュオニック(DUONIC)」は、三菱ふそうが世界で初めてトラックに搭載したデュアルクラッチ式トランスミッションです。(小型のみ)

 

現在、三菱ふそうの小型トラック「キャンター」に搭載している最新のデュアルクラッチ式AMT「DUONIC2.0」は、2つのクラッチを瞬時に切り替えることで動力伝達効率を最大限に高めます。

 

また、優れた燃費性能と、2ペダルによる運転時の負担軽減を叶えるほか、オートマチック限定免許での運転も可能という点も魅力です。

 

三菱ふそうのトラックには、「キャンター」「ファイター」「スーパーグレート」などがあります。

 

三菱ふそうの中古トラックの購入や各種手続きのご相談など、ぜひグットラックshimaへお気軽にお問い合わせください!

 

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる