2022.05.01

土砂禁ダンプとは?特徴や用途、購入時のチェックポイントも確認!

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

荷台を動かすことで積荷を降ろすダンプは、さまざまなシーンで活躍するトラック。

ダンプには大きく分けて「土砂禁ダンプ」と「土砂ダンプ」の2種類があるのをご存知でしょうか。

 

今回は、土砂禁ダンプについてのお話です。

土砂禁ダンプの特徴をはじめ、用途や購入時のチェックポイントなどもあわせてご紹介します。

土砂禁ダンプ

 

 

土砂禁ダンプとは?特徴や用途を解説

ダンプトラックには、大きく分けて「土砂禁ダンプ」と「土砂ダンプ」の2種類があります。

 

「土砂ダンプ」は土砂や石材などを運搬するダンプのことで、主に土木や建築現場などで活躍しています。

 

一方、「土砂禁ダンプ」は名前の通り、土砂などの運搬を禁止しているダンプのこと。

荷台のあおりを高くしているのが特徴で、主にゴミや石炭、ウッドチップ、ペットボトルなど、軽い荷物を運搬するダンプです。

 

なお、土砂禁ダンプはその見た目から、「深ダンプ」と呼んだり、ウッドチップを運搬するダンプを「チップダンプ」、農場で牧草などを運搬するダンプを「ファームダンプ」と呼んだりと、異なる名称で呼ばれることもありますよ。

 

土砂禁ダンプはあおりを高くしているため、土砂ダンプにくらべて荷台の積載容量が大きくなります。

そこに土や石材など重量のあるものを積み込むと、あおりの分積荷の比重が高くなり過積載となるため、土砂など重い積荷の運搬を禁止しているのです。

 

土砂禁ダンプではたくさん積み込んでもあまり重さに影響のない、ペットボトルなど軽量なもののみ積み込むことが許可されています。

 

積載範囲内でも土砂禁ダンプに土砂を積むのはNG

「積載範囲内なら土砂禁ダンプに土砂を積んでも良い」というわけではありません。

 

ダンプで土砂を運搬する際は国土交通省の許可が必要になりますが、あおりが高い土砂禁ダンプでは運搬許可が下りないため、土砂禁ダンプで土砂を運搬すること自体できません。

 

もし、土砂禁ダンプでの土砂運搬は違法となるので、注意しましょう。

 

 

土砂禁ダンプの購入時のチェックポイントは?

土砂禁ダンプを購入する際には、失敗しないために見ておくべきポイントがあります。

 

ベース車両の状態

通常のトラック購入時と同様に、ベースの車両に問題がないかしっかり確認しましょう。

 

車検証の登録内容

土砂禁ダンプの場合、車検証に「積載物は土砂以外のものとする」と記載されています。

車検証に土砂禁ダンプ登録が明記されていることを、必ずチェックしてください。

 

荷台の積載容積

あおりが高い土砂禁ダンプは、積荷に合った積載容積のダンプを選ばないと、過積載になってしまいます。

購入前に荷台部分の全長・全福・全高を確認し、積載容積を確認しておきましょう。

 

グットラックshimaでは、土砂禁ダンプを多数取り揃えています!

ぜひ、在庫をチェックしてみてくださいね。

 

土砂禁ダンプ一覧

 

 

土砂禁ダンプとは軽量な積荷の運搬に最適なトラック

「土砂禁ダンプ」は荷台のあおりを高くしているのが特徴で、主にゴミや石炭、ウッドチップ、ペットボトルなど、軽い荷物を運搬するダンプです。

 

土砂禁ダンプは土砂ダンプにくらべて荷台の積載容量が大きく過積載となりやすいため、土砂など重い積荷の運搬を禁止しています。

 

土砂禁ダンプで土砂を運搬してしまうと違法になるので、注意しましょう。

 

土砂禁ダンプを購入する際は、通常のトラック購入時と同様にベース車両を確認するほか、車検証の登録内容や荷台の積載容積もしっかりチェックすることが大切です。

 

トラックの購入や今の車両の買取、各種手続きのご相談まで、ぜひグットラックshimaへお気軽にお問い合わせください!

豊富なラインアップをホームページから簡単に検索できますよ!

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる