2021.06.01

ギガの年式は?モデルごとの特徴や変遷を解説!

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

大型トラックの中でも人気の高い、いすゞ自動車の「ギガ」。

乗り心地の良さを追求し、疲れない車を目指してハイルーフや高機能シート等で、大型トラック最高峰の快適性と居住性を実現しています。

 

1994年に発売されたギガは、2015年に現行モデルの2代目を発売しました。

 

そこで今回は、ギガの年式について。

年式ごとの変遷や、それぞれの外装・内装・装備年の特徴などを詳しくご紹介します。

ギガ

 

 

まずは「ギガ」の特徴や魅力面から!

大型トラックの中でも人気の高いいすゞの「ギガ」。

トラックやバスのほか、船舶・産業用ディーゼルエンジンの製造販売も手掛けている「いすゞ自動車」の、ディーゼルエンジンの実力を最も実感できるトラックです。

 

ギガは大型ディーゼルエンジンによる力強い駆動力を持ちながら、プリクラッシュブレーキや全車速ミリ波車間クルーズといった安全・運転支援技術が集結しています。

 

さらに、広々としたハイルーフに大型トラックの中でも群を抜く収納力で、大型トラック最高峰の居住性と快適性を実現。

ドイツの名門イスリングハウゼン社のベルトインシートも採用し、シートヒーター/ベンチレーション機能やショルダー調整機能など多彩な調整機構を搭載しています。

 

また、こわれない車を目指し、車両のコンディションや消耗品類の状態を自己診断して報告し、パソコンで確認できるという便利な機能も!

 

1994年に発売されたギガは、2015年にフルモデルチェンジした2代目が現行モデルとなっています。

 

ギガの年式は2代目まで!それぞれの特徴やスペックをご紹介

ギガ

ギガの初代モデルから2代目現行モデルまで、装備の特徴や変遷について見ていきましょう。

 

初代モデルについて

大型トラック810シリーズの後継モデルとして登場した初代ギガ(1994年〜2015年)は、1994年に発売しました。

 

バンパーをヘッドライトに装備するデザインはギガが先駆けとなっており、当時としては画期的なスタイルでした。

 

グレードは「スペースクルーザー」「ハイカスタム」「カスタム」「標準仕様」「リミテッド」の5種類をラインナップ。

 

1997年のマイナーチェンジでは、大型トラックとして初めて全車の運転席にSRSエアバッグを標準装備しました。

 

2000年に2度目のマイナーチェンジを行い、平成11年排出ガス規制適合。

 

2003年のマイナーチェンジでは平成13年騒音規制適合し、4型となりました。

フルエアブレーキを標準化し、低燃費で二酸化炭素排出量が少ないインタークーラーターボエンジンに統一するなど、環境と時代を考え抜いたギガが登場しました。

 

その後数度のマイナーチェンジを行い、2010年のマイナーチェンジでは最新ディーゼルの排出ガス浄化装置・尿素SCRシステムにDPDを組み合わせ、平成21年排出ガス規制に適合しています。

 

2代目現行モデルについて

2代目ギガ(2015年〜現在)は、2015年にフルモデルチェンジを行なった現行モデルです。

 

代表車種「2PG-CYJ77C-WX-D」のスペックはこちら。

 

<2PG-CYJ77C-WX-D(ギガカーゴ/フルキャブ)のスペック>

  • 最大積載量:15.5t
  • 車両総重量:24.82t
  • 車両寸法:全長11,950mm 全幅2,490mm 全高3,035mm
  • 荷台寸法:長さ9,600mm 幅2,350mm 高さ450mm

 

ギガでは、カーゴ、Gカーゴ・Gカーゴクール、トラクタ、ダンプ・ミキサと汎用性の高い4種のタイプをラインナップ。

 

大型ディーゼルエンジンによる力強い駆動力を持ちながら、プリクラッシュブレーキや全車速ミリ波車間クルーズといった安全・運転支援技術を集結しています。

 

何より走り出しの加速感や、安定した走行感が魅力です。

 

さらに商用車に求められる経済性能も追求し、低燃費も実現。

仕様を最適化して効率的な過給を実現した電子制御式無段階可変容量型ターボや、電子制御式コモンレールシステムによる高精度な燃料噴射など、過給から冷却、燃料噴射まで低燃費を追求しています。

 

また、乗り心地の良さを追求したギガは、長距離走行でも“つかれない車”。

新設計のハイルーフや高機能シート等を採用することで居住性と快適性を実現しています。

 

 

年式が異なる「ギガ」を比べて最適な一台を!

大型トラックの中でも人気の高い、いすゞ自動車の「ギガ」。

大型ディーゼルエンジンによる力強い駆動力を持ちながら、乗り心地の良さを追求した一台です。

 

1994年に初代モデルが発売され、2015年にフルモデルチェンジした2代目が現行モデルとなっています。

 

ギガは幾度もマイナーチェンジを行い、機能性の向上はもちろん、環境、安全に配慮した充実の機能を搭載してきました。

 

ギガは年式によって特徴が異なるので、中古トラックを購入する際は年式もしっかり確認しましょう!

 

グットラックshimaでも「ギガ」の中古トラックをお取り扱いしています。

ぜひ在庫をチェックしてください!

 

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる