2021.05.28

フォワードの年式は?モデルごとの特徴や変遷を解説!

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

抜群の低燃費・クリーンディーゼル性能を誇るいすゞの中型トラック「フォワード」。

ボディタイプも豊富で、多彩な輸送に対応している人気のトラックです。

 

1970年に発売されたフォワードは、幾度かのフルモデルチェンジを経て、2007年に現行モデルを発売しました

 

そこで今回は、フォワードの年式について。

年式ごとの変遷や、それぞれの外装・内装・装備年の特徴などを詳しくご紹介します。

フォワード

 

 

まずは「フォワード」の特徴や魅力面から!

中型トラックの中でも人気の高い、いすゞの「フォワード」。

 

抜群の低燃費・クリーンディーゼル性能を誇る、お財布にも環境にもやさしい一台です。

 

ボディタイプも豊富で収納容量も約176Lと大容量! 多彩な輸送に対応できます。

 

低燃費の高性能エンジンも魅力で、GVW8~14.5トンクラスまでecostop付車は全車燃費基準+10%を達成。

 

「プリクラッシュブレーキ」や「電子式車両姿勢制御システム」といった最先端の安全機能にも定評があり、幅広いドライバーから支持されています。

 

1970年に発売されたフォワードは、2007年に発売したモデルが現行モデルとなっています。

 

フォワードの年式は2007年式まで!それぞれの特徴をご紹介

フォワード

フォワードの初代モデルから2007年式現行モデルまで、装備の特徴や変遷について見ていきましょう。

 

初代モデルについて

TR型4t積みトラックの初代フォワード(1970年〜1975年)は、1970年に発売。

フルキャブとSキャブ(ショートキャブ)の2種類を発売しました。

 

今では珍しいロングボディーの見た目から、当時は「ムーミン」という愛称で呼ばれていました。

 

1975年〜1985年式モデルについて

1975年に発売されたフォワード(1975年〜1985年)は、ベッド付き車のみフルモデルチェンジし、中型直噴ディーゼルエンジンを搭載した古キャブオーバー型となりました。

 

1978年には前輪駆動を追加。

1979年のマイナーチェンジでは外装・内装も大幅に変更し、昭和54年排出ガス規制適合となりました。

 

1984年に2度目のマイナーチェンジを行い、昭和58年排出ガス規制適合の新開発エンジンを搭載。

画期的なエンジンワンキーシステムを装備したのもこのときです。

 

1985年〜1994年式モデルについて

開発コードの「840」をとって「840(ハシレ)フォワード」の愛称で親しまれたのが、1985年〜1994年式フォワード。

 

助手席と中央席を倒すことでベッドにできるマルチユースシート&ベッドなど、ドライバーが快適に作業できる装備が充実していました。

 

なお、この年式のフォワードは、トラックで初めてグッドデザイン賞を受賞しています。

 

1988年のマイナーチェンジでは、フロントグリルを変更し、内装をフルトリム化。

1992年のマイナーチェンジの際に、ISUZUのロゴが現在のタイプに変更となりました。

 

1994年〜2007年式モデルについて

1994年〜2007年式モデルは1994年2月にリリースし、運転席には自動体重調整機構付きシートを採用。

 

1995年にはエンジン変更など一部を改良し、平成6年排出ガス規制に適合しました。

 

1997年には全車の運転席に、トラックとしては初めてSRSエアバッグを標準装備。

 

1999年のマイナーチェンジでフロントグリルにデザインラインを追加したほか、ターボインタークーラーエンジンをコモンレール搭載タイプに変更し、平成10年・11年排出ガス規制に適合しました。

 

2007年式現行モデルについて

2007年にフルモデルチェンジしたモデル(2007年〜現在)が、現行モデルです。

 

代表車種「2RG-FRR90S2」のスペックはこちら。

 

<2RG-FRR90S2(平ボディ/リーフサスペンション・ショートキャブ)のスペック>

  • 車両寸法:全長8,195mm 全幅2,470mm 全高2,550mm
  • 荷台寸法:長さ6,085mm 幅2,365mm 高さ390mm
  • 最大積載量:4.1t
  • 車両総重量:7.86t

 

中型トラック市場の中では、抜群の低燃費・クリーンディーゼル性能を誇る「フォワード」。

ドライバーのお財布にも、環境にもやさしい一台です。

 

新開発の小排気量・高出力エンジンに加えて尿素SCRを全車に搭載することで、排出ガスをクリーン化すると同時にエンジン本体での負荷を軽減。

 

さらに、排気ガス浄化装置(DPD)の負荷を軽減することで、再生頻度が約1/2になりました。

 

また、安全性能にも定評があります。

 

「プリクラッシュブレーキ」は前方車両や障害物との距離や相対速度を検知し、衝突の可能性がある場合は警報および緊急ブレーキが作動。

 

トラックがカーブを曲がる際に、横滑りなど不安定な姿勢になった際に警報を作動する「電子式車両姿勢制御システム」や、滑りやすい路面を走行しているときに、タイヤロックを制御してトラックの安定性を維持する「ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)」や「ミリ波車間ウォーニング」、「電子式車両姿勢制御システム」などの先進安全装置も搭載しています。

 

2021年1月にはマイナーチェンジを行い、交差点警報やふらつき警報、歩行者検知機能を追加したプリクラッシュブレーキを搭載するなど、さらに安全機能を向上しました。

 

 

フォワードは2007年式が現行モデル!違いを知って検討を

抜群の低燃費・クリーンディーゼル性能を誇るいすゞの中型トラック「フォワード」。

ボディタイプも豊富で、多彩な輸送に対応している人気のトラックです。

 

1970年に初代モデルが発売され、幾度かのフルモデルチェンジを経て、2007年に現行モデルを発売しました。

 

フォワードは幾度もマイナーチェンジを行い、機能性の向上はもちろん、環境、安全に配慮した充実の機能を搭載してきました。

 

フォワードは年式によって特徴が異なるので、中古トラックを購入する際は年式もしっかり確認しましょう!

 

グットラックshimaでも「フォワード」の中古トラックをお取り扱いしています。

ぜひ在庫をチェックしてください!

 

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる