2021.08.06

カゼットの年式は?モデルごとの特徴や変遷を解説!

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

UDトラックスの小型トラック「カゼット」。

三菱ふそう「キャンター」のOEMである「カゼット」の最大の特徴は4輪駆動!

日常使いから悪路や山間部、そして積雪地域でも快適な走行を叶えます。

 

2014年に発売されたカゼットは、初代モデルが現行モデルです。

 

今回はカゼットの年式のモデルごとの変遷や、それぞれの外装・内装・装備年の特徴などを詳しくご紹介します。

 

 

まずは「カゼット」の特徴や魅力面から

三菱ふそう「キャンター」のOEMである、UDトラックスの小型トラック「カゼット」。

 

小型トラックでありながら4輪駆動であるのが特徴で、街中走行から中距離走行や悪路・山間部・降雪地帯への資材の運搬にも向いています。

 

独自のパワルフなエンジンはもちろんのこと、高級感のある内装へのこだわりにも定評があり、多くのドライバーから支持されていますよ。

 

また、高性能エンジンのほか、再生制御式DPFや尿素SCRシステムといった3つの性能を装備し、環境性能の向上にも努めています。

 

爽快な走りはもちろん、省燃費やドライバーの疲労軽減などドライバーにとって嬉しい性能が盛りだくさんの一台です。

 

ボディーバリエーションは汎用性の高い平ボディをはじめ、バン、ウイング、ダンプと豊富なラインナップ。

2014年に発売されたカゼットは、初代モデルが現行モデルとなっています。

 

 

カゼットの年式は初代が現行モデル!これまでの変遷やスペックをご紹介

カゼットの初代モデルの装備の特徴や変遷について見ていきましょう。

 

初代・現行モデルについて

初代カゼット(2014年〜現在)は現行モデルです。

 

いすゞ「エルフ」のOEMである「コンドル10-30」の後継車として、三菱「キャンター」のOEMとなって2014年に発売。

それまでの「コンドル」から、街に元気を届ける爽やかな風のように働くトラックをイメージし、「カゼット」と名称も変更されました。

 

後輪駆動(FR)のほかに、日々の街乗りシーンだけでなく、悪路や山間・積雪地域などでも大活躍する走破性に優れた4輪駆動もラインナップ。

 

新トランスミッション「デュアルクラッチ式AMT」を採用することで、爽快な走りはもちろん、省燃費やドライバーの疲労軽減など嬉しい性能が盛りだくさんです。

 

また、総輪ディスクブレーキを標準装備し、ABS(アンチロックブレーキシステム)やEBD(電子制御制動力配分システム)など、高度なブレーキングシステムを搭載し、ドライバーの安全な運転をサポートします。

 

2016年には「カゼットSK/SF/RK」の2016年モデルを発売。

 

ディーゼルエンジンをクリーンかつ高効率に使用する「尿素SCRシステム」も全車種に搭載し、高性能エンジンと再生制御式PDFを融合することで、省燃費など環境性能の向上にも努めています。

 

なお、ISS(アイドリングストップ&スタートシステム)付きモデルでは、平成27年度重量車燃費基準+10%達成車を拡大して展開。

全モデルで平成27年度重量車燃費基準+5%を達成しました。

 

さらに、登板で停止してブレーキから足を離し再発進しても制動力が維持できる「デュアルクラッチ式AMT搭載車にEHS(イージーヒルスタート)機能」を標準装備。

 

安全性はもちろんのこと、積載時にも安定した走行を実現することで、日々の安全性や安定供給をサポートしています。

 

内装は黒を基調としたシックなインテリアに変更し、一層上質な内装へと変化を遂げました。

 

運転席のシートバックの形状を変更したり、座面クッションを延長したりと、より疲れにくく快適な運転環境になっています。

 

初代・現行モデルの代表スペックもご紹介

代表車種として、「カゼット SK」のスペックをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

 

<カゼット SK 2WD 標準キャブ・標準ボディのスペック>

最大積載量:2t/3t/3.5t/4t

後輪タイヤ(床):小径ダブル(全低床)/ダブル(高床)

エンジン区分:ディーゼル/ハイブリッド

エンジン出力:96kW(130PS)/110kW(150PS)

 

 

カゼットの年式は2014年発売の初代が現行モデル

UDトラックスの小型トラック「カゼット」。

 

悪路や山間・積雪地域などでも大活躍する走破性に優れた4輪駆動もラインナップ。

 

また、新トランスミッション「デュアルクラッチ式AMT」を採用することで、爽快な走りはもちろん、省燃費やドライバーの疲労軽減など嬉しい性能が盛りだくさんの一台です。

 

2014年に発売されたカゼットは、初代モデルが現行モデル。

その後、安全性や環境面をよりサポートする機能を搭載した「カゼットSK/SF/RK」の2016年モデルが発売されました。

 

カゼットはモデルによって特徴が異なるので、中古トラックを購入する際は年式もしっかり確認しましょう!

 

グットラックshimaでも「カゼット」の中古トラックをお取り扱いしています。

ぜひ在庫をチェックしてください!

 

トラック買取

facebook

twitter

line

閉じる