トラックは購入するのとリース、どちらが自分に合う?

記事投稿日:2020年01月10日

記事更新日:2020年02月21日

トラック

こんにちは!シマ商会です!

 

トラックを業務用に導入するとき「購入とリース契約のどちらで調達するか迷う」という声をよく耳にします。

 

単に導入時の費用で比較するのはちょっと待ってください!

「複数台一気に用意したいので初期投資費用を抑えたい」「できるだけ長く使用してその期間トータルで安くなる方法を選びたい」など、それぞれの条件によってオススメの導入方法は変わってきます。

 

今回は、購入とリース契約のどちらが向いているか?がテーマです。

ご自身の判断の参考にしてくださいね!

黒と白のトラック

 

トラックの購入(保有)とリースは何が違う?

 

まずトラックを購入した場合とリース契約をしたときの違いについて、簡単に押さえておきましょう。

 

「購入」は、その名の通り現金もしくはローン契約を行ったうえで、車両を自分のものとして扱うことができます。

一度お金を払いきってしまえば、その車両を業務で使っても売却しても自由です。

「自分の資産として扱うことができる」のが一番の特徴ともいえます。

 

一方「リース」は、一定期間リース会社から車両を借り受ける契約をすることを指します。

車両に万が一不具合があったり、業務上サイズの違う車両を借り受けたい場合などでは、新しい車両へ変更することができる半面、期間満了した後に資産が残らないデメリットもあります。

※そのまま買い取りできるシステムのリース契約(ファイナンスリース)もあります。

 

 

トラックを購入するメリット、購入に向いているケース

 

購入のメリットには次のようなものがあります。

 

  • 自分の資産として計上できる
  • 将来売却すれば、一部利益として戻ってくる可能性も
  • 自分仕様にカスタマイズできる(ロゴ入れなら一部業者ではリースでも対応可能)
  • 車両保険などを自分で選ぶことができる
  • 長期リースと比較した場合、総額がリース料より安くなる可能性も

 

「自社のロゴマークの入った車両を見るとなんだか嬉しくなる!」という社長さんもいらっしゃり、自分の資産となるという側面だけでなく、モチベーションアップにつながる部分もありそうです。

 

ただし、トラックは普通乗用車よりも高額です。

購入は資金に比較的余裕があり、1台の車両を長く愛用し続けるためのメンテナンス方法やマニュアルがある方には向いているといえます。

 

リース契約では月々のリース料に金利が含まれていますので、長期契約を同じ車両で行うと、支払総額が逆転するタイミングが来てしまいます。

車両の入れ替えはそれほど重視していない場合、一括で車両を購入した方が結局お得、という可能性も高まります。

 

また、車両は必要だけど月で運転する距離に極端な差があり、保険会社のプランを自分で選択したい、という場面でも購入のメリットは受けられます。

※リース契約でも指定外の任意保険を追加することは可能です。

 

※中古トラック購入のメリットについては、こちらでも詳しくご紹介しています!

中古トラックのメリットは?新車との比較や注意点も

 

 

トラックをリースするメリット、リースに向いているケース

 

並ぶ白いトラック

 

リースのメリットには次のようなものがあります。

 

  • 月々の支払が一定額
  • リース料に保険料や税金も組み込まれているので、かかる費用が明確
  • 車両の入れ替えが容易(条件はあります)
  • 費用計上できる金額が購入より多い
  • メンテナンス付きのリース契約の場合は、リース会社負担で修理できる

 

リースは、計画的にトラックを使用したいときに便利ですね!

経理上の手続きや支払方法などが簡便化されていることも大きなメリットとなります。

 

税金や自賠責保険料も月々の支払いに組み込まれているので、経費計上する項目もスッキリ明確です。

それぞれの支払いを個別に行う必要もありません。

 

また、リース期間を満了したときに新車で再契約することもできますし、万が一「普通に使用していたのに故障した」という場合には、リース会社負担でメンテナンスできるのもメリットです。(メンテナンス付きのリース契約の場合)

※ただし、日々のメンテナンスを行う義務は契約者にも発生します。

 

リース契約は「経理担当者の負担を減らしたい」「そもそもトラックの必要な時期は決まっているので、必要に応じて契約したい」「初期投資を抑えたい」「購入する前にどんなトラックなのか時間をかけて検討したい」という方に向いています。

 

※トラックリースのメリットについては、こちらでも詳しくご紹介しています!

トラックリースのメリットは?リースの種類も知ろう

 

 

トラックをどんな形で使用したいかで「購入かリースか」が決まる!

 

基本的にリースの方が何もかも便利、お得!というイメージが大きいのですが、契約内容によってはやはり自社で購入した方がお得!というケースもあります。

 

まずは利用方法や利用期間を明確にして、かかる費用も通年で試算してみることが大切です。

そのうえで、ご自身の状況ではどちらが向いているか、という検討をした方が、より向いている導入方法に出会えるはずです。

 

シマ商会ではトラックの購入もリースも対応可能なので、迷ったらぜひ一度ご相談くださいね!

 

販売バナー

関連記事