2020.12.22

各トラックメーカーの特徴は?いすゞ、日野、三菱ほかの人気車両も

facebook

twitter

line

こんにちは!グットラックshimaです!

 

トラックを購入する際、トラックメーカーを基準に選んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

現在日本では「トヨタ、いすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックス」の5大メーカーが人気を博していますが、それぞれの特徴をご存知でしょうか?

 

そこで今回は、日本で人気のトラックメーカーについて、メーカーの特徴や人気車種などを詳しく解説します!

駐車する大型トラック

 

 

トラックメーカーには2種類ある!

トラックメーカーと一言で言っても、トラックの車体部分を製造するメーカーとボディ部分(上物)を製造するメーカーの2種類あることをご存知でしょうか?

 

車体部分とは、運転室(キャブ)やエンジンなどシャシー部分で、ボディ部分(上物)とは平ボディや冷蔵冷凍車、クレーン、バン、ダンプなどのことを指します。

 

実は車体部分とボディ部分は別のメーカーで製造されていることも多々ありますが、“トラックメーカー”というと、車体部分を製造するメーカーのことを指すことが多いです。

 

次では、その車体部分を製造するトラックメーカーについて詳しくご紹介していきます!

 

 

日本で人気のトラックメーカーの特徴とは

サービスエリアの大型トラック

車体部分を製造する日本のトラック5大メーカーである「トヨタ、いすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックス」について、特徴や人気車種を見ていきましょう。

 

トヨタの特徴

「日野自動車」を連結子会社に持ち、乗用自動車でも国内シェア率No1を誇る「トヨタ自動車」のトラックは、馬力の強さと安定感に定評があります。

 

トヨタのトラック事業は小型を中心にモデル展開しているため、大型トラックの常時販売はしていません。

 

現在では乗用自動車の需要・供給が多くなっていますが、元々はトラックやバスシャーシー部門も主軸として展開していました。

 

トヨタ自動車のトラックの特徴は、ずばり「馬力の強さと安定感」!

都市間を移動する際に感じる馬力の強さと走行感、そして、一時停車から再始動までの動作がスムーズという点もメリットの一つです。

 

また、トヨタで市販されているトラックは小型トラックです。

大型は受注販売もしくは連結子会社の日野自動車といったように、住み分けをしていますので注意しましょう。

 

トヨタのトラックといえば「ダイナ」を挙げる方も多い人気車種。

専用エンジンを搭載した、ディーゼルハイブリッドシステムを採用し、環境性能はもちろんのこと、燃費性能も抜群の小型トラックです。

 

 

いすゞの特徴

国内シェア率No1を誇る「いすゞ自動車」は、トラック・バスを中心とした車両の製造販売を主軸に、船舶・産業用エンジンの製造販売も手掛けています。

 

いすゞ自動車は良質な大型ディーゼルエンジンが特徴。

大きな車体を動かすエンジンの開発には長けており、積載制限に近い車両でもスムーズに坂道を上ることが可能です。

 

また、パワーのあるディーゼルエンジンを持ちながら、環境に配慮した静かなエンジン音も魅力ですよ。

そんな「ディーゼルエンジンの実力」を最も実感できるのが、いすゞの大型トラック「ギガ」。

 

大型ディーゼルエンジンによる力強い駆動力を持ちながら、プリクラッシュブレーキや全車速ミリ波車間クルーズといった安全・運転支援技術を集結。

 

また、長距離走行でも“疲れない車”を目指し、新設計のハイルーフや高機能シート等を採用することで居住性と快適性を実現しました。

 

 

日野の特徴

特徴的なCMで小型トラックの知名度をさらに上げた「日野自動車」。

 

国内外でも人気が高く、トヨタの連結子会社でもあるトラックメーカーです。

 

主に商用車(トラック・バス)の製造販売を行い、馬力がありながらも低振動で耐久性が高い日野のトラックは、販売台数および大型車の顧客満足度で1位を獲得しています。

 

自動変速機能の「Pro Shift 6」や自動発進機能の「Pro Shift 12」の搭載車では、さらなる低燃費と走行サポートが可能ですよ。

 

日野の中で中核的存在のトラックといえば、中型トラック「レンジャー」。

 

軽量でありつつも馬力の強さはそのまま残した、クリーンディーゼルエンジン「A05Cエンジン」を搭載。

一般ユーザーはもちろん、消防車などの特殊車両のシャーシとしても採用される一台です。

 

 

三菱ふそうの特徴

三菱自動車工業株式会社から2003年に分社化・独立したトラック・バス部門に特化したメーカー「三菱ふそう」。

 

メルセデス・ベンツでおなじみの、ドイツの自動車メーカー・ダイムラー社の連結子会社です。

三菱ふそうのトラックのエンジンは、安定した走行感が得られるうえに、低ノイズゆえに長距離でも気にならない「駆動力」が特徴。

新エコカー減税にも対応した環境性能と、パワフルでありながら省エネ構造も魅力です。

 

また、広い居室空間と座りやすく快適な標準シートが、長距離や走行時間の長いドライバーの運転をアシストしてくれます。

 

パワーがありながらも省エネを意識したエンジンなど、最新技術を駆使して新しい車両を作り続け、「スーパーグレート」のエンジンは小排気量ながらも高レベルのパワーと低燃費に定評があります。

 

高速走行や積載量が多いなら総排気量10.7L、中距離走行や積載量は中程度という場合は総排気量7.7Lを選ぶなど、ドライバーの使用シーンに合わせて選べますよ。

 

 

UDトラックス

世界60か国以上で輸送ソリューションを提供する日本の商用車メーカー「UDトラックス」。

 

2019年のボルボといすゞ自動車の資本提携により、UDトラックスはいすゞの傘下となりました。

 

UDトラックスのトラックの特徴は独自のパワーを誇る「エンジン」。

 

独自のパワルフなエンジンはもちろんのこと、高級感のある内装へのこだわりにも定評があるメーカーで、大型車に一番定評があります。

 

国産大型トラックとして初めて、全輪ディスクブレーキを全車標準装備したUDトラックスの「クオン」は代表的。

トラフィックアイブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)やドライバーアラートサポート(ふらつき注意喚起装置)といった安全システムを搭載し、ドライバーの安全運転をサポートする機能が充実しています。

 

ギアチェンジ制御「ESCOT-Ⅵ」を搭載し、熟練ドライバーのようなギアチェンジが可能に!
燃費を抑えて、かつスムーズな走行が実現できますよ。

 

 

5大トラックメーカーの特徴を知って最高の1台を見つけよう

トラックメーカーは、トラックの車体部分を製造するメーカーとボディ部分(上物)を製造するメーカーの2種類があります。

 

車体部分を製造する日本のトラック5大メーカーとしては、「トヨタ、いすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックス」が挙げられます。

機能や乗り心地など、それぞれが魅力的!

購入の際はしっかり比較して、自分にぴったりのトラックを見つけてくださいね。

 

トラックの購入や今の車両の買取、各種手続きのご相談まで、ぜひグットラックshimaへお気軽にお問い合わせください!

中古トラック販売

facebook

twitter

line

閉じる